2018年12月09日

高知沖での米軍機事故 「座席に座ったまま死んでいた」なんて

高知沖で起きたFA-18とKC-130が空中接触し、墜落した事故についてこんな記事がありました。ウソを書いてるとは思わないけど、この見出しは「ウケ狙い」が過ぎるんじゃないか。私はそう感じてます。

今日この記事を書いてる時点で公表されてるのは、FA-18の乗員2名のうち1名が収容されたものの、残念ながら死亡したことだけ。もう1名は無事とのこと。

事故当時の状況は何も伝わって来ていません。日本のメディアからのニュースも、更新が止まっています。
当事者であるはずのアメリカ海兵隊からも、1名死亡以外発表がありません。

筆者の半田滋氏は「パイロットは座席に座ったまま亡くなっていた」と書いてます。

半田氏は東京新聞の編集委員。当然私ら素人よりは、いろんな方面にパイプを持ち深い情報を得ることが出来る人だろうから
関係者から情報を得たのかも知れません

しかし記事中には、どの筋からの情報かとも書いていないし
他のメディアでそんなことを書いているのは1社もない。

脱出したものの射出座席に座ったまま死んでいた・・・ある意味、ショッキングなこの話。
他のメディアが取り上げないわけもなし

新聞社で編集委員を務める人です。
いくらなんでも「ウソ」を書いてるとは思えないけど
でも感覚的に「?」が付きます。




半田氏、空中給油の訓練については「ムダに」危険を煽っていたりしてません。
(あの「あかはた」は「え〜」と言うレベルですからw)
航空自衛隊で航空事故調査部長を務めた永冨信吉・元空将補の「空中給油はさほど危険ではない」と言うコメントを紹介しています。
※ここらへんは最後に記事へのリンクを貼りますので、お読み願います。

記事は、射出座席に座ったまま死んでいた・・・の何故?と言うことについて書き進めてあります。
あぁなるほど、と言う印象です。

ただ

米軍機の空中給油時の過去の事例を上げてるのですが、致命的なミスがあったのは残念。
引用元が間違ってるのか、半田氏が間違ってるのかは不明。
でもちょっと知ってる人が読むと、この記事全部が信憑性が無くなっちゃいます。

1992年に起きたF-16の空中給油時に起きた事故
記事では「F-16とKC-130が」と書いてあります。

これ給油機がKC-130ではなく、KC-135なんです。
記事を推敲した時に気づくはずなんですが

F-16と言う戦闘機は、フライングブーム方式にしか対応していません
空中給油機のお尻からブームと言うパイプを伸ばして、飛行機の給油口に差し込むやつ
航空自衛隊の戦闘機は、この方式

F-15のものですが、フライングブームを使った空中給油の動画がありました



で、KC-130と言う空中給油機はプローブアンドドローグと言う方式
翼に積んだポッドから漏斗みたいものが付いたホースを伸ばして、受ける方はプローブと言う機体に付いてるパイプ(と言う表現が適切かどうか別として)を差し込んで給油を受ける方式です。

航空自衛隊ではUH-60Jへの空中給油に使います
アメリカを始め、海外の軍用機はけっこう多いです
※空自の戦闘機は、このプローブアンドドローグと言う方式は使いません



今回の事故では、未だ事故当時の状況が公表されていません。
ただ世間の関心が集まっているのは事実。

しかしフライングブーム方式とプローブアンドドローグ方式、全く異なる空中給油方式を同列にして語ることは間違いではないかと、私は考えます。

それと「座席に座ったまま死んでいた」と言うショッキングな話を、状況がほとんどわかっていない中で出すこと。
正直な話、私の感情論でもあるけど「ウケ狙い」が過ぎるんじゃないの?とも思ってます。

この事故、世間の注目が集まってます。
アメリカ側からの発表がほとんどないのは、日本国民として正直言って不満。とても不満。
事故が起きたのは仕方ないこと、でもだからこそ当事者としてのアメリカ側から説明が欲しいですよね。



記事はこちら
赤太文字クリックで該当記事が別タブで開きます


米軍機墜落、なぜ亡くなった操縦士は「座ったまま」だったのか その瞬間に起きたこと

































posted by てっちゃん at 19:58| Comment(0) | 世界の軍用機ネタ&動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

戦地へ我が子を送り出すと言うのはこう言う事か・・・と言うのは簡単だけど

「戦争法がー」とか「子供を戦地へは送り出さないー」とか言って、デモに子供を連れてきたママさん達がいましたねぇ。このお母さんの話を聞かせてやりたいわ(怒り

77年前の真珠湾攻撃。空母「赤城」から飛び立ち、未帰還となった急降下爆撃機の乗員のお母さんのお話です。
興味のある方はどうぞ。






空母「赤城」から真珠湾へ第二次攻撃隊として発艦する、九九式艦上爆撃機

585A6A04-EEF0-4BAD-841D-8BE629B79A2F.jpeg

どの空母の所属かは不明ですが、被弾し火を吹いて墜落する機

3D226C1D-A3D5-439E-9640-4ABB56F0E9E8.jpeg

アメリカの艦艇に突入した機の残骸

9E307F4B-6B02-4F89-A1A3-BD1042D0C949.jpeg





posted by てっちゃん at 23:48| Comment(0) | 第2次世界大戦や太平洋戦争のお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアはステルス戦闘機に超音速ミサイルですか 古いF-15やF-4でどう対抗すればいいんだろう

先ごろ配備された、最新鋭のSu-57ステルス戦闘機。これに超音速のミサイルが搭載される予定だとか。ロシア・タス通信が関係筋の話として報じてますが、具体的な特徴や配備時期については明らかになっていないとのこと。
※記事参照元 http://tass.com/defense/1034559

Su-57がこの戦闘機

Sukhoi_T-50.jpg
※画像引用元 ウィキペディア・コモンズ

ミサイルと言っても、対空とか対艦なんてものじゃなく
戦闘機からも発射できるKinzhalミサイルに似た特徴を持ち、これを小型化したものじゃないかと言われてます

このKinzhalミサイル、核も搭載できる弾道ミサイルです。
「似た特徴を持つ」となると、「核も」と言うことなんでしょう

F-35を100機で1兆円
1兆円と言うお金の話ばかりが注目されてるけど

お隣の国はステルス戦闘機を持ち
核も運べる弾道ミサイルを新たに開発し
月に1度は、日本の周りを嗅ぎまわる

何の意図も無ければ、そんなことしないよね
であれば、用心しておかなければならないわけで

F-35の追加取得に反対するのも結構
でも、こういう現実を見てモノを言ってるのか
とても疑問です

いい加減老朽化したF-15やF-4では、対抗できないのは明らかでしょう
政府も防衛省も、改修困難なF-15に替えて・・・はいいけど
周りの国の戦闘機はここまで進んでますよ、今航空自衛隊にある戦闘機はこういうところが劣っています
こういう理由で改修も限界、こういう理由でF-35を追加で導入します

そういう理由を、国民にわかりやすく説明するべき
私はそう考えてます








ラベル:ロシア軍
posted by てっちゃん at 22:01| Comment(0) | ロシア軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

高知沖でアメリカ海兵隊のFA-18とKC-130が空中接触?

テレビあたりは著名な航空評論家などを呼んで、なんとかコメントさせようとしてるみたいだけど、出て来てる情報がこうも少ないんじゃ、コメントのしようもないし、とりあえずは「一般論でー」と言うしかないでしょう。
だから私、この事故についてのテレビや新聞の報道はほとんど見てません。

まずは無事の発見・・・これを待つのみ。
批判なんてのは、それからでも遅くないと私は思ってます。

今日の16時に防衛省から発表された「お知らせ」からわかる事と言えば
FA-18の乗員1名は救出され、命に別条なしとのこと。しかしFA-18の残る1名と、KC-130空中給油機の乗員5名が未だ行方不明。
航空自衛隊と海上自衛隊の航空機が捜索に当たってる、と言うことくらいでしょうか

でも、空・海合わせて15機が捜索しています。
そこには在空していた、浜松基地警戒航空隊のE-767早期警戒管制機(AWACS)も、通信中継で参加しているとか。
これだけの数の航空機が同じ空域に飛んでるとなると、通信のみならず交通整理もしなければなりません。
捜索機同士の接触も避けなければならないし、広い海域を手分けして探さなければならないので、そういった指示も出さなければ効率が上がらないでしょうしね。

警戒航空隊 第602飛行隊 E-767 74-3503 IMG_3910_2

防衛省から発表はありませんが
おそらくはアメリカ海兵隊や海軍に空軍も、捜索機を飛ばしていると思われます。
アメリカ太平洋空軍や在沖縄アメリカ海兵隊も、今のところ沈黙です。

でも、ここはアメリカ側が何かコメントを発表しておくべきではないのかな?
何も発表が無いことに、アメリカ軍に対してモヤッとした不信感を持たれる可能性もなきにしもあらず、です。

墜落事故・・・と言うことになるんでしょうが当然批判は起きるでしょう。
でも、だからこそアメリカ軍からなんらかの説明をして欲しい、そう日本国民は望んでるんじゃないでしょうかね。

とりあえず、自衛隊の捜索態勢は以下の報道資料をご参照願います。
航空機15機に艦艇3隻、とにかく早い発見・収容を祈るのみですね。


2018.12.06 防衛省 四国沖における米軍機の乗員の捜索救助に係る災害派遣について(16時00分現在)














posted by てっちゃん at 22:23| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

今度の小牧基地オープンベース メディック(救難員)が身に着ける装備も見てみたい

平成最後となる来年の小牧基地オープンベースが、2019年3月2日(土)開催と決定したそうです。
飛行展示を含めどんな展示を見せてくれるのか、今から楽しみ。

那覇基地のフェイスブックでこんな記事が上がってました。



注目して欲しいのは、2枚目のメディック(救難員)が身に着けている装備あれこれ。

47078600_1976692965957152_4151557534827675648_n (1).jpg

こんなに種類があるんだ・・・と、今さらながらに驚きです。

例年、道具の展示や縄梯子体験はやってます。

IMG_7611.JPG

IMG_7612.JPG
※以上2枚、2018年小牧基地オープンベースで管理人が撮影

これに加えて、メディックがどんな装備を身に着けて活動しているのかも見れるといいかも。
メディックの装備なんてネットで調べれば出てくるかも知れません。

でもね、実物見せる方が「絶対」記憶に残るんです。
メディックの方の体験談を聞く場を設けるのも、いいでしょう。

救難教育隊のみなさん、なんとか実現できないでしょうかね(^O^)/






ただ、準備と言う問題もあるので難しいところですよねー。










posted by てっちゃん at 22:23| Comment(0) | 小牧基地航空祭 その他展示など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする