2018年10月25日

橋に貨物船が衝突して断水 支援に航空自衛隊も

今どきの教育隊は、海水から真水を作る装置も持ってるんだ・・・とニュースを聞いてビックリ。
私が新隊員のころは、そんなもんなかったぞ(笑)

貨物船が橋に衝突、水道管が破損し島のほぼ全域でで断水している、山口県周防大島。
航空自衛隊防府南基地の航空教育隊が、海水から真水を作る装置を持って支援に駆け付けたそうです。

この装置、1日に海水から真水を8000リットルも作ることができるんだとか。
2基の装置を約60km離れた防府南基地から島へと運び込み、午後には手を洗うのにも苦労していた島の病院へと届けることができました。

10/24の14:30に山口県知事からの災害派遣要請を受け
21:00過ぎには防府南基地の航空教育隊や、防府北基地の第12飛行教育団の隊員達が出発。
翌朝には給水装置を設置し給水を開始と言う、迅速な展開です。

ただ

山口県知事からの災害派遣要請に先立ち、航空自衛隊や陸上自衛隊が山口県庁や周防大島町役場へと連絡幹部LOを送り込んでます。
事前にニーズを調査してるゆえの、迅速な展開・活動ですね。

島の病院の院長先生、大助かりとNHKの取材に応えてます。
記事はこちら。動画付です。

海水から真水を 断水続く周防大島町 自衛隊が給水開始


今回の災害派遣について、防衛省からの発表はこちら

山口県大島郡周防大島町における給水支援に係る災害派遣について








ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 21:46| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドネシアに派遣されている 小牧基地C-130H輸送機 本日を持って活動終了

私達は隊員さん達に直接声をかけることはできません。であれば、ネット上で「お疲れ様でした」と、労いの言葉を送ってもいいのではないでしょうか。
明日10/26に小牧基地へと帰還します。長い間の支援活動、本当にご苦労様でした。

インドネシア国際緊急援助隊として遠い国での活動。インドネシア政府との調整の結果、本日付けで「国際緊急援助活動の終結に関する自衛隊行動命令」を発出しました。

地震に加え津波でも被害を受けた、インドネシア。
困っているインドネシアの友人を助けるため、家族と離れて遠い国で長い間働いている人達がいました。
同じ日本人として知っておくべきでしょう(と言ったら大げさか)

航空自衛隊公式フェイスブックより、彼らの活動を紹介します







今回の活動では
これまでC−130H輸送機1機がバリクパパンを拠点として、バリクパパンとパルの間で約200トンの支援物資及び約400人の被災民等の輸送を実施しました
とのこと。
※記事引用元 防衛省・お知らせ インドネシア国際緊急援助隊による国際緊急援助活動の終結について

ご家族の方も、帰ってくるのが待ち遠しいのではないでしょうか。

















posted by てっちゃん at 19:15| Comment(0) | 小牧基地 輸送機 C-130H | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。