2018年10月16日

ベルギーでF-16が20ミリバルカン砲でF-16を撃っちゃった・・・

F-16がまるっと1機、完全にお釈迦です。でもこの誤射、謎が多いですねえ。

聞けば地上で整備員が誤ってM16A1 バルカン砲を発射してしまい、近くで待機していた別のF-16に命中。
このF-16は次の飛行に備えて燃料を積んでいたために炎上し、全損。他の2機も損傷。
しかしこれだけの事故にも関わらず、人的被害は軽傷者が2人だけだったとのこと。

20ミリ機関砲というのが、これ

戦闘機搭載 20ミリバルカン砲 IMG_7160_2
戦闘機搭載 20ミリバルカン砲 IMG_7160_2 posted by (C)てっちゃん

爆発による聴覚障害、と書かれてますが
機体の爆発なのかそれともM16A1バルカン砲の発射音なのか・・・元記事からは、読み取れないです。

でも20ミリバルカン砲、実弾が当たれば人体なんてバラバラ、肉片しか残りません。
それを考えると、不幸中の幸いかも。

※記事参照元 THE AVIATIONIST 2018.10.14
F-16 Completely Destroyed By Another F-16 After Mechanic Accidentally Fires Cannon On The Ground In Belgium

このページでは、炎上し全損した機体の画像もみることできます

ツィッターでも上がってます




昔、戦闘機の火器管制装置の整備をしていた私。
機関砲と言うのは、安全装置を解除して引き金を引けば発射される・・・なんて、単純な仕組みではありません。
いくつもの条件が揃わなければ、弾が発射されないような回路の設計になってます。

もちろん機関砲そのものにも、機械的に安全装置がかかってるし
(ここらは専門外なので、イマイチわかりません)

それなのに何故、弾が発射されたのか

人為的なミスか、もしくは悪意か
それとも機体に起因するものなのか
原因の発表が待たれます




posted by てっちゃん at 21:30| Comment(0) | 世界の軍用機ネタ&動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

航空自衛隊 航空総隊総合訓練を実施

目的は「我が国の防衛に係る航空自衛隊の作戦運用について演練し、部隊の作戦遂行能力の維持・向上を図る」こと。
規模として参加人員約26000人、航空機約90機。陸上自衛隊や海上自衛隊も参加しての大規模な訓練です。

以下、航空幕僚監部から発表された報道資料より引用

平成30年度航空総隊総合訓練(実動訓練)の実施について

航空自衛隊は、下記のとおり平成30年度航空総隊総合訓練(実動訓練)を実施し
ます。

1 目的
 我が国の防衛に係る航空自衛隊の作戦運用について演練し、部隊の作戦遂行能力
 の維持・向上を図る。
2 実施期間(基準)
 平成30年10月18日(木)〜10月26日(金)
3 実施場所等
 航空自衛隊基地等及び海上自衛隊鹿屋航空基地並びに我が国周辺海空域等
4 訓練参加部隊等
  航空総隊、航空支援集団、航空教育集団、航空開発実験集団、補給本部
5 主要訓練項目
 (1) 防空作戦
 (2) 対艦攻撃
 (3) 基地警備
6 演習参加規模
 人員約26000名、航空機約90機
7 その他
 本訓練に、陸上自衛隊部隊並びに海上自衛隊部隊、艦船及び航空機が参加する。


JASDF F-15J 32-8825 IMG_7140_2

JASDF F-2A 03-8505 IMG_7097_2

第1輸送航空隊第404飛行隊 KC-767 97-3603 IMG_7061_2

今はどうなのかわからないけど、私が現役のころは、早朝に非常呼集でたたき起こされエプロンまで全力ダッシュ。
戦闘機へミサイルや機関砲弾を積む訓練もしていました。

航空団の稼働全機に弾薬を積むには、武器小隊だけでは人手不足。
なので他の部隊からも若手の隊員がお手伝い。
部隊一丸となっての訓練です。

こういった訓練も行って、航空自衛隊は備えてる・・・と言うこと。
知っておくべきかと思います。
















ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 06:30| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする