2018年08月07日

あいち航空ミュージアムの「フライングボックス」特別上映中

飛行中の画面とモーションシートで、空を飛んでる気分を体感していただけるのが、「フライングボックス」。
シュミレーターとは違い、画面と連動してイスが上下左右に動くのが特徴です。

ふだんは@のネイチャーフライトがメインなんですが、夏休み特別企画としてAヒストリカルフライトとBファンフライトと3種類を体験していただけます。

私はネイチャーフライトしか体験していないんですが、フェンフライトで体感度マックスとなると、どんあなふうになるんだろう。
ちょっと「怖いもの見たさ」があります。

どんな内容かは、以下のあいち航空ミュージアム公式フェイスブックにてご確認願います。



身長が100cm未満の子供さんは不可。シートベルトはしていただきますが万が一、と言う安全面からの理由です。
申し訳ありませんが、ご了承願います。

あいち航空ミュージアムでは、このほかにもイベントがもりだくさん。
航空フェスティバル2018in愛知も並行して開催しています。

大空と飛行機を、めいっぱい楽しんでもらえることまちがいなし。
この夏休み、ぜひあいち航空ミュージアムにお越しくださいませ。







posted by てっちゃん at 19:34| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次期政府専用機のB777 今月にも千歳基地配備か

一昨年にスイスで内装工事が始まったから、情報が途絶・・・と思っていましたが、今年3月には北海道新聞が「8月にも千歳基地配備か」と言う記事を出していました。
※記事参照元 https://www.ana-mileage-sfc.com/entry/delivery-of-japan-airforce-one

航空自衛隊ならびに千歳基地からの、公式な発表はまだありませんが
北海道新聞の見立て通りなら、もうすぐ配備・・・と言うことになりますね。

それを裏付けるかのように、こんなツィートも上がってます
内装工事が行われている、スイスのバーゼル空港を離陸した・・・と。
https://twitter.com/cts_kookie/status/1025394608220467200

ちなみに・・・乗員になるまでの選抜・訓練のステップは以下の通り

WS000001.JPG
※出典 航空自衛隊 特別輸送航空隊公式サイト

機体の更新に合わせて、民間ならCAに当たる空中輸送員や空中輸送幹部の訓練も、ずいぶんと前から開始されています
パイロットや整備士などは専門の職種からの選抜。空中輸送員は全職種から応募はOKみたいですね。
でも政府専用機は皇室や首相などを乗せる飛行機。身元調査はとても厳しそう。



千歳は遠い・・・けど、見に行ってみたいですね。










posted by てっちゃん at 07:15| Comment(0) | 空自 その他輸送機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする