2018年07月27日

あいち航空ミュージアムで「八〇式名市工フライヤー解説イベント」やります

この飛行機、巨大企業の三菱重工業が作った飛行機にひけをとらない存在感。愛知県のモノづくりと言う点でも、歴史的な飛行機ではないでしょうか。

日本で初めて、高校生が飛ばしたエンジン付き飛行機。それが「八〇式名市工フライヤー(はちまるしき めいしこう ふらいやー)」
あいち航空ミュージアムで、MU-300やMH-2000と言う世界に名だたる大企業の三菱重工業が作った飛行機の間に、ちょこんと展示されています。

見てるとね、何かこう、高校生や先生たちのアツい思いみたいなものを感じます。

E3BDD0F9-E89E-44AD-B63D-A8D6651836F0.jpeg

12FD8C6F-BC8C-439D-8F04-010624FD503B.jpeg


A73DB558-B24C-4CF7-81C3-B1A8083EC083.jpeg

CD18AE85-5923-4529-BB76-4BF6AC5B7F51.jpeg


その八〇式名市工フライヤーについて、プレゼンや操縦席の着座体験を、夏休み特別企画として開催します。
普段は展示でお見せするだけですが、今回の特別企画では組立作業の実演や制作時のお話し、さらに操縦席の着座体験もできます。

FEFE1D9D-5766-466B-9AD8-6FEC5F63BC64.jpeg

前回の企画では、特に子供さんに喜ばれていましたねー。
これで実際に空を飛んだら、どんなんだろう・・・夢がふくらみます。

時間等の詳細については、下記のあいち航空ミュージアム公式フェイスブックにて、ご確認願います。



※この記事中の画像は、すべて管理人が撮影しています。著作権は放棄していません。
無断転載などは「絶対に」しないよう願います。






posted by てっちゃん at 20:02| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。