2018年07月24日

オープンが待ち遠しい B787初号機を使った複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」の工事は最終段階

ボーイングのB787、この旅客機の初号機を中心に据えた新しい形の複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」。中部国際空港セントレアに今年夏のオープンをめざし、工事を進めてきました。
その工事も最終段階を迎え、万全を期すべく検証や調整を進めている段階だそうです。

この施設を運営する、中部国際空港株式会社からプレスリリースが出ています。
http://www.centrair.jp/corporate/pdf/oshirase_11.pdf

B787初号機の姿




「FLIGHT OF DREAMS」では、プロジェクションマッピングや各種体験に加え
ボーイング社の本拠地があるアメリカ・シアトルのテイストを取りいれた、ショッピングや飲食も楽しめるゾーンもあるんだとか。
これは楽しそうですね。

「FLIGHT OF DREAMS」の公式サイトはこちら

http://flightofdreams.jp/

オープンに向けて工事している姿がツィッターに上がってます




コンテンツの中には、このB787初号機を使ったプロジェクションマッピングもあるんだとか
あの大きい機体を使ってのプロジェクションマッピング・・・どんなに迫力があるんだろう
今からワクワクです(^^♪




聞けば混雑を避けるため、9月以降のオープンを予定しているとのこと
オープンが楽しみですね☆






posted by てっちゃん at 19:46| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする