2018年07月21日

海外の軍が持ってるコンテナキッチン こう言うものの導入も考えるべきなんじゃないかな

自衛隊でコンテナキッチンを導入となると、部隊それぞれで使い勝手とかあるだろうから全部が全部とは行かないでしょう。でもコンテナキッチンの方がメリットが大きいとなれば、それは導入を考えるべきなんじゃないかと思います。
災害派遣にも使えるだろうし。

軍事ジャーナリストの清谷信一のツィートから。
清谷氏は地方自治体でも持っておくべきとツィートしてます。
私も賛成。防災訓練の時や考えようによっては自治体のイベントでも使えば、これはこれで訓練にもなると思います。







航空自衛隊浜松基地 高射教導群の牽引式1トン炊事車
※2013年のエアフェスタ浜松にて撮影

1t 炊事車説明板 IMG_6972
1t 炊事車説明板 IMG_6972 posted by (C)てっちゃん

1t 炊事車の隠された能力 IMG_6973_2
1t 炊事車の隠された能力 IMG_6973_2 posted by (C)てっちゃん

1t炊事車 IMG_6975_2
1t炊事車 IMG_6975_2 posted by (C)てっちゃん

こちらはこちらで炊事能力や移動に便利と言うメリットがあるんだろうと思います。

コンテナキッチン見て思ったのは、「まるで家みたい」
これ心理的にはとても大きい安心感があるんじゃないかな。


















ラベル:自衛隊
posted by てっちゃん at 18:55| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

あいち航空ミュージアムからは こんな飛行機もみることできます 最新鋭ステルス戦闘機だって

航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機F-35だけじゃありません。激レアな機体も来ますよー(^O^)/

あいち航空ミュージアムの目の前に広がる、県営名古屋空港。ここは航空自衛隊小牧基地と滑走路を共有、そして三菱重工小牧南工場や、三菱航空機の工場もあって、実に多種多様な飛行機を見ることが出来ます。

今回は自衛隊機についてご紹介。
自衛隊=公務員なんで、土日と祝日は基本フライトはありません。
狙い目は当然平日です。

あいち航空ミュージアムのボランティアをしている私ですが、仕事の休みは土日と祝日。
所用ついでに行くといろんな収穫があったりします。

今日は、小牧基地のウォッチャーさん達が撮った画像と、私があいち航空ミュージアムの屋上展望デッキから撮った画像を紹介します。
※ウォッチャーさんのツィートには画像が入ってます。勝手に引用するのも申し訳ないので、リンク貼ります。
URLクリックで、該当ツィートが別タブで開きます。

F-35 静止画のみ

https://twitter.com/ys_sky_/status/1016876679694708736

F-35の動画

https://twitter.com/treywestboy/status/1016979580370935810

これはあいち航空ミュージアムの1階大扉のところから、私が撮ったやつ




小牧基地第404飛行隊のKC-767空中給油機の動画

https://twitter.com/treywestboy/status/1016662999837241344

同じく小牧基地を本拠とする、第401飛行隊のC-130H輸送機
タッチアンドゴーをしている時があります
※これは、あいち航空ミュージアムから北にある神明公園の航空館boonからの撮影




あいち航空ミュージアムの北にある三菱重工業小牧南工場では、自衛隊の各種航空機の定期点検などを行っています。
そのために飛来したり、定期点検明けの試験飛行を平日にやります
スケジュールがわからないのは難点ですが

JASDF F-2A 03-8505 IMG_7091_2

これは激レア 海上自衛隊が各種装備のテストのために使うUSH-60K

https://twitter.com/N682G/status/1016904052192366593

あいち航空ミュージアムの屋上展望デッキ上空を飛ぶ、海上自衛隊のSH-60K対潜哨戒ヘリコプター

SH-60K 8424 IMG_7046_2

陸上自衛隊のヘリコプターも来ます。
ゴメンなさい、画像が無い(>_<)

軍用機だけに何月何日の何時に・・・と言うスケジュールは公表されません
こればかりは運次第。

あいち航空ミュージアム、夏休みにはイベントも盛りだくさん。
隣にはエアポートウォークと言うショッピングモールもあるので、女性陣はお買い物を楽しんでもらいつつ
男性陣は飛行機を楽しみに来てはいかがでしょうか(^O^)/




posted by てっちゃん at 07:23| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

平成30年7月豪雨でカメラが被害を受けた方へ

カメラまで被害を受けたとなると、しばらくは写真撮るどころではないかも知れません。平成30年7月豪雨でカメラが被害を受けてしまった方に、NikonとCANONがこんな神対応をしてるので、落ち着いたら相談してみたらいかがでしょうか。
※これ以外のメーカーでもやってると思われます。まずは確認の上、相談を。

これはNikonについてのツィート




御嶽山の噴火で亡くなられた方のカメラ・・・これを復活させたそうです




ざっと調べたところ罹災証明など必要条件を満たせば、修理代金が半額になるとのこと
CANONも同様の対応をしています

平成30年台風第7号及び前線等に伴う大雨にて被災したキヤノン製品の修理対応について


これ以外のメーカーについては確認していませんので、メーカーの公式サイトなどでご確認を願います。

ご自身が一刻も早く日常に戻れますように
そして復興した風景を撮る楽しみを味わえる日が、一日でも早く来る日を願ってます。





posted by てっちゃん at 21:11| Comment(0) | お出かけなど飛行機とは全く関係ない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

MRJ イギリスの空を飛ぶ

世界最大級と言われる「ファンボロー航空ショー」に参加している、三菱航空機が開発している国産ジェット旅客機MRJ。
今回「初の」海外での飛行展示を行うべく、現地で予行演習を行いました。

その様子がYouTubeで上がっていたので、皆さんとシェアしたいと思います。



関連記事が、航空サイトのAvbiation Wireに掲載されていますのでご一読を
※下記、青太文字クリックで該当記事が別タブで開きます

ANA塗装のMRJ、ファンボローの空舞う 16日開幕に向け予行演習

記事によると・・・
新規受注は期待薄で潜在的な顧客へのアピールを狙う
開発が遅れてはいるものの、現在は順調に進んでいる
・・・と言うのをアピールする場になりそう・・・と書いてます。

飛行機だもの、やっぱり飛んで見せてなんぼ・・・かも。

海外では
MRJが進出を狙うリージョナルジェットの市場に
ボーイングはエンブラエルと
エアバスはボンバルディアと
それぞれ手を組み進出する、とのこと

MRJ最大のライバルと言われている、エンブラエル。
このファンボローに、新しいE190-E2シリーズを出展。さらにセールスを加速させる目論み。
デモフライトの様子がこちら。

機体の塗装も、飛びっぷりもなかなか派手ですよね。
見た目のインパクト・・・大事ですから。



対して実績がない、三菱。
世界の2大メーカーと、リージョナル機では実績十分のメーカーが手を組む
そんな「超絶厳しい」市場に、戦いを挑まなければならない状態です

それに国と国、政治的な思惑も絡んでくることでしょう

私はこの業界や市場について、難しいことは解りません
ただただ、日本人として日本のメーカーを応援したい

開発が遅れに遅れているMRJ。今回海外の方々に見てもらうことで、開発や販売に弾みがつくといいなぁ。
そんなことを、強く願います。















posted by てっちゃん at 16:00| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型空中給油機KC-46Aペガサス 10月納入に向けて最終飛行試験を完了

日本も次期空中給油機として導入を決めている機体。これで日本への導入そして配備への道筋が、少し見えてきたのではないでしょうか。

トラブル続きでアメリカ空軍への納入が遅れに遅れていた、このKC-46Aペガサス空中給油機。
メーカーであるボーイング、納入先であるアメリカ空軍、共に「いつになるんだ?」と言うお先真っ暗的な状態でした。

7/6にアメリカ空軍へ納入するために必要な、最終飛行試験が完了したそうです。
1号機の納入は10月末を予定しているとのこと。

180604-F-WB620-003.JPG

180604-F-WB620-002.JPG
※以上2枚の画像引用元並びに記事参照元
http://www.af.mil/News/Article-Display/Article/1573985/kc-46-completes-flight-testing-required-for-october-first-aircraft-delivery/

このKC-46Aペガサス。
航空自衛隊でも、次期空中給油機として導入が決定されていて、美保基地への配備も決まっています。
現状4機のKC-767空中給油機で運用している体制を補強するものです。

この新型空中給油機配備に「あの連中」が反対してウソ満載のチラシで対抗中
反対ならウソでも何でもOKの「あの政党」
ホントにヒドイですわ




さて、今回の飛行試験が無事に終了したことで
KC-46A空中給油機のアメリカ空軍への配備、これが目処が立ちました

それは日本向けの機体の製造、そして納入から配備への道筋も見えてきたことになりますね。



















ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 10:55| Comment(0) | 空自 その他輸送機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする