2018年07月31日

航空フェスティバル2018 in 愛知 お手伝いしてくれる方を募集しています

あいち航空ミュージアムで8月に行われる、「航空フェスティバル2018 in 愛知」。屋外の駐機場への出入りや、制限区域の監視業務を行ってくれる方を募集しています。
詳しくは以下のツィート並びにリンク先をご覧ください。







「航空フェスティバル2018 in 愛知」このイベントを仕掛けたのが、元イーグルドライバーの空飛ぶたぬき(@Fly Tanuki)さん。
ミュージアムがオープンした去年11月にお会いしましたが、物腰がとてもやわらかい方です。

航空自衛隊でF-15イーグルを飛ばし、スクランブルや災害派遣もバリバリこなして。もっと眼光鋭い方かと思っていましたが、ホントに腰が低い方。
ホントに強い男って、こうなんだろうなぁ・・・なんて思ったりします。

お手伝いしてもいいよー、と言う方
以下のページの文末にリンクがありますので、そちらからどうぞ

空飛ぶたぬきの航空よもやま話 2018.07.30 航空フェスティバルのお手伝いさん募集



私?ごめんなさい・・・あいち航空ミュージアムのボランティアのお仕事があるので、参加不可でございます。
ミュージアムのボランティア、まだまだ人数が足りません。
こちらも、お手伝いしてくださる方を募集しています。(マジで

















posted by てっちゃん at 19:49| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

あいち航空ミュージアムのパイロットの職業体験 暫定的なプログラムですが

子どもさんにはMU-2の操縦席に座ってもらえます。夏休みの子供さんには、とても良い体験になることまちがいなし。
※大人向けの職業体験は、一部違う内容です。

本来ならYS-11を使ったフライトシュミレーターがあるのですが、先月末の豪雨でシステムがダウン。現在、復旧に向けてメンテナンス中です。
代替措置として、現在暫定的に以下のプログラムで運用中。

@パイロットのお仕事紹介 フライトプラン作成についてのレクチャー
 アテンダントのお姉さんが、わかりやすく教えてくれます。

AYS-11を使った機体外部点検
 機体を間近で見たり、実際に触ってもらいます。

あいち航空ミュージアム パイロット職業体験 YS-11 機体外部点検 C727FCB8-ADD7-401C-B2D7-C66259681FC2

あいち航空ミュージアム パイロット職業体験 YS-11 機体外部点検 A8F199CD-BC0F-4ED1-BE57-A0E5B1743F68

羽田とか行けばねぇ、ボーイングのでっかい旅客機を間近で見たりできるんだろうけど
YS-11、日本が生んだ戦後初の国産旅客機。しかも愛知県で初飛行をした・・・ここに大きな意味があるんです。

B操縦席に座ってみよう
本来ならYS-11のシュミレーターでー、ですが
今回は特別にMU-2の操縦席に座って、ちょっとしたパイロット気分を味わっていただきます。
※大人の方は別内容となります。

三菱が作り上げたMU-2。小型のビジネス機です。
今で言えばホンダジェットのような機体のこの飛行機。
その優れた性能は、国内は、民間のみならず陸上・航空自衛隊で。海外でも民間はもちろん、アメリカ空軍も採用したそうです。

※参考記事 乗りものニュース 2015.07.18 MRJ、YS-11以上 消えゆく隠れた国産傑作機

あいち航空ミュージアムに展示されている機体はJA8737。1969年1月に初飛行をした、いわゆるB型と呼ばれている機体。
通常、この飛行機は機内公開をしていません。
今回は代替措置ですが、日本が生んだ傑作機に乗ってもらえます。

まずはMU-2と言う飛行機に触れて欲しい。そのあとでいいから、どんな飛行機なのか調べて欲しい。
世界に通用するこんな優れた飛行機が、50年も前に愛知県で生まれたことを知って欲しい。
オジサンはそう願います。

夏休みの自由研究にも、もってこいですしね(^O^)/

さて機内はこんな感じ
三菱重工業小牧南工場史料室に行った際の撮影です

三菱MU-2 JA8737 IMG_5253_2

コックピット(操縦席)です

三菱MU-2 JA8737 IMG_5254_2

コックピットから手を振る子供さんに、親御さんも大興奮(^^♪

あいち航空ミュージアム パイロット職業体験 MU-2コックピット体験 JA8737 F922FF11-9EC3-41E4-9A77-93C02DA9B4FF

フライトシュミレーターの復旧ならびに再開については、決まり次第公式サイトなどで発表があります。
それまでお待ち願います。

子供さんの夏休みの自由研究に、あいち航空ミュージアムへお出かけはいかがでしょうか。

※記事中の画像は、すべて管理人が撮影したものです。著作権を有しています。無断転載などは絶対にやめてください。












posted by てっちゃん at 21:25| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

航空自衛隊F-15とアメリカ空軍B-52の編隊飛行が勇ましい だけどね・・・・

勇ましいんだけどね、でもある意味「脅し」なわけでしょう。日本の周りは物騒な国ばかり。だから「力を見せつけて」「手を出したら痛い目に遭わせるぞ」と言うことも必要な事。
でもね、何とか仲良くやって行くことはできないものか・・・そんなことを考える私って、甘いんですかねぇ。

7/27、航空自衛隊第6航空団のF-15とアメリカ空軍第96遠征爆撃隊のB-52が共同訓練を行いました。
空自からもプレスリリースが出ています。
※記事参照元 18.07.28 航空幕僚監部発表 米軍との共同訓練の実施について

内容は以下の通り
上記プレスリリースのPDFからスクリーンショットです

WS000001.JPG
※画像引用元 18.07.28 航空幕僚監部発表 米軍との共同訓練の実施について


アメリカ太平洋空軍もニュースとして、この記事をアップしています
B-52はルイジアナ州パークスデール空軍基地所属で、今回はグアムのアンダーセン空軍基地から離陸したとのこと

画像5枚
180726-F-ZZ999-102.JPG

180726-F-ZZ999-103.JPG

180726-F-ZZ999-101.JPG

180726-F-ZZ999-104.JPG

180726-F-ZZ999-105.JPG

※画像引用元 USAF Pacific Air Forces 18.07.27 US, Japan bomber-fighter integration training showcases strength of alliance

私は軍事・外交は素人ですが・・・在日米軍は否定しないし、今の日本には絶対必要な存在だと思ってます。
でも、こんな共同訓練なんかしなくても良い、平和な世の中が出来るのがイチバンですよね。


















ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 06:49| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

あいち航空ミュージアムで高校生が作り上げた飛行機を見ることができます

高校生が作ったエンジン付き有人飛行機としては、「日本で初めて(これ重要)」飛行を成功させたのが、八◯式名市工フライヤー(はちまるしき めいしこう ふらいやー)。
この飛行機を作り上げ飛ばしたのが、名古屋市立工業高校の高校生と先生たちです。

あいち航空ミュージアムでは、ふだんは展示機として機体をお見せするだけなんですが
今回は夏休み特別企画として
@この飛行機がどんな飛行機かと言う解説と活動内容のプレゼン
A組立作業の実演
B操縦席の着座体験
を行っています。

この飛行機、見てのとおりごくごくシンプルな構造
でもね、世界に名だたる三菱が作った飛行機にもひけをとらない存在感を示してます

CD18AE85-5923-4529-BB76-4BF6AC5B7F51.jpeg

愛知県のモノ作りと言う意味でも、次代を担う若者たちが作ったこの飛行機は、とても大きい意味を持っているのではないでしょうか。

聞けば、ここから巣立った子たちは、三菱や川崎などの航空機メーカーや全日空と言った航空会社。さらには航空自衛隊で戦闘機のエンジンを整備している子もいるそうです。
頼もしいですよね(^^♪

今日、久しぶりにボランティアであいち航空ミュージアムに行った私。
案内業務など本来のお仕事もちゃんとこなしつつ(謎の言い訳w)、この解説イベントをのぞいてきました。

解説イベントの全景
奥では高校生たちが翼の組立を実演しています
主翼の骨組みがあって、実際に触れることもOK。ちょっと持ち上げてみると、その軽さにビックリ。
ここまで考えて作っているんだ、と感心しちゃいます。

あいち航空ミュージアム 八〇式名市工フライヤー解説イベント 88A0EFE0-5F8C-41EE-B3E6-9941469067D6

八◯式名市工フライヤー(はちまるしき めいしこう ふらいやー)について、また活動内容についてのプレゼンは高校生たち自らが行います。
多くの方が足を止め、聞き入っていました。

あいち航空ミュージアム 八〇式名市工フライヤー解説イベント 350EE1F1-BCCC-442F-89E1-2DCC14101BDD

操縦席への着座体験
小さい子供さんには、これはおススメ。
実際に翼を動かしたり、また高校生が機首を持ち上げてくれて、なんだか離陸して上昇してる気分を味わえることもできます
子どもさんより、親御さんの方が喜んでるかも(^^♪
※約23秒の動画。途中で明るさが変化して見ずらいかもしれません。(撮影がマズかったです)

あいち航空ミュージアム 八〇式名市工フライヤー解説イベント 6485D344-F3C0-4304-8814-602A0673CACC

それでね・・・

この八◯式名市工フライヤーの開発・製作に携わった先生が、私の拙いブログを見て頂いてまして
今回いろいろとお話しをさせていただくことができました
ご縁ができたこと、とても嬉しく思います。

ところで
愛知県はアジアNo.1の航空宇宙産業クラスター形成特区として、国から指定を受けています。

「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」は、欧米先進地域と肩を並べる、アジア等新興国の追随を許さない航空宇宙産業の一大集積地の形成を図るため、総合特別区域法に基づき国から指定を受けた国際戦略総合特区です。
※引用元 http://www.pref.aichi.jp/kikaku/sogotokku/about/

その中に人材の育成・確保について、こう書かれているんですね。

地域の航空機産業の拡大に伴い、開発、設計、生産技術・管理、製造などに携わる人材の不足が懸念されています。 地域の産業界や関係教育機関等が連携して航空機製造人材の育成に取り組むとともに(後略)
※引用元 http://www.pref.aichi.jp/kikaku/sogotokku/support/

聞くところでは、航空関係の取り組みを始める学校も増えているそうです
次世代の航空産業を担うであろう高校生に対して、お金やモノそして人の支援はどれくらい行き届いているのだろう。
欧米のような先進国に追いつき追い抜くのであれば、彼らへの支援ももっと考えていかなければならないんじゃないか。
そんなことを思ったりします。

私のブログごとき、そうそう発信力はありません
でも、こんな高校生もいるんだよ、頑張っているんだよ・・・と発信することで、彼らの存在を少しでも多くの方に知ってもらえることができる。そうすれば応援する人も増えるんじゃないかと考えています。

航空機産業を目指す若者がもっと増えて欲しい、No1も良いけど「乗る人に役立つ飛行機」と言う意味でonly1を目指して欲しい。
若い彼らに、夢を託したい。
50も半ばを過ぎた、オッサンの切なる願いです。



































posted by てっちゃん at 23:24| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

航空フェスティバル2018 in 愛知 航空機の展示日程が出ました

普段なかなか見ることが出来ない飛行機を、屋内や屋外で展示。また飛行展示もあります。大空を駆ける飛行機の魅力を、思う存分堪能してもらえるイベントです。

元イーグルドライバー・・・航空自衛隊でF-15イーグルのパイロットをしていた、空飛ぶたぬき(@FlyTanuki)さんが仕掛けるイベント、航空フェスティバル2018 in 愛知(空フェス)。

8/4(土)〜19(日)にわたり開催されるこのイベント。
あいち航空ミュージアムと、その前の駐機場(立ち入り制限区域)で開催されます。
小型航空機の機体を展示したり、デモフライトを行ったり・・・パイロットによるトークショーも。

昨年2017.11.30、あいち航空ミュージアムがグランドオープンした際にも来ていただいた、ウィスキーパパこと内海 昌浩氏のエクストラ式EA-300L 型も参加が決まっています。

今回は飛行展示が無いのが残念

ウイスキーパパ エクストラEA-300L JA14WP 703BA9CA-3523-41D3-A55E-0B31FB13EB24

仕掛け人の、空飛ぶたぬき氏いわく
飛んでいるのを見たことはあるけど、近くに寄ったことがない・・・そう言ったものを間近で見て、触れて、さらにいろんな体験をしてもらうことを目指しているそうです。

各種グッズの販売や体験イベントも行われる予定。

例えば
飛行前の外部点検からエンジン始動と言った、飛行機が離陸するまでの一連の流れを実演したり
トークショーでは、飛行機に関する疑問などに対する質疑応答があったり
子供さんの夏休みの自由研究にも、もってこいの内容(^O^)/

イベントの内容についてはこちら
※青太文字クリックで該当ページが別タブで開きます

航空フェスティバル2018 in 愛知 空フェス・プログラム

展示航空機について 展示機種および展示スケジュールはこちら
※青太文字クリックで該当ページが別タブで開きます

航空フェスティバル2018 in 愛知 航空機の展示日程について


※あいち航空ミュージアム前の制限区域に出る事が出来るのは、土日のみ。その際にはお名前などを書いていただくことになります。
保安上の理由ですので、何卒ご了承願います。


あいち航空ミュージアムでボランティアスタッフやってる私・・・ボランティアじゃなくて、客として行こうかな(笑)








ラベル:ステルス
posted by てっちゃん at 08:11| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする