2018年06月24日

特攻で沈没したアメリカ駆逐艦 海底での様子をCGで再現

太平洋戦争末期、戦況が不利になり追い込まれた日本は、航空機に爆弾を搭載し敵艦に突っ込むと言う「特攻」を行いました。
特攻機に体当たりされて沈んだ艦(フネ)の海底での詳細な様子を、3DのCGで再現することに成功したそうです。

ちょっと重いし、長めの記事です。
特攻に関心のある方はお読みくださいませ。

記事参照元 産経フォト 2018.06.22
沈没の米軍艦を3D再現 九州大など、沖縄戦

沈んでいるのは、アメリカ海軍の駆逐艦エモンズ(USS EMMONS)

USS_Emmons_(DD-457)_at_anchor_c1942.jpg


太平洋戦争末期の1945(昭和20)年4月6日。アメリカの空母機動部隊において、航空機攻撃などを警戒するレーダーピケット任務に従事。
このレーダーピケット任務は、艦隊の一番外側に位置し、日本機の攻撃を撃退するのが任務(対潜水艦哨戒任務も兼ねる時もあります)
それゆえ日本機の攻撃を一番受けやすい、とても危険な任務です。

この日、僚艦とともに特攻機の攻撃を受けたエモンズ。
5機同時に攻撃を受け、1機が艦尾に近い3番砲塔の喫水線付近に突入。
戦死60名と負傷者77名以上。艦長も戦死。
艦も被害が大きいため航行不能、修理不能と判断したアメリカ海軍の手で海没処分されました。
紹介したページにある写真には、その時にできたであろう破孔が見られます。

この艦が沈んでいるのが、沖縄県古宇利島の北方沖
島の位置はここ



2000年にこの海域で、時々油が浮いてきたことから発見に至ったとか
今はダイビングスポットとして有名なところだそうです。

沖縄のダイビングショップが、この艦のダイビングツアーを行っているそうです。
その中でこの駆逐艦エモンズについてや、海底での姿などを画像や動画を交えて、詳しく紹介しています。
記事は以下のリンクからご覧になれます。

https://www.owd.jp/top/ussemmons/

https://www.owd.jp/skill/omoshiroi/uss-emmons/

特筆すべきは
攻撃した機体の機種や所属部隊まで検証していること

突入した機体のエンジンとプロペラが、エモンズの艦尾付近に沈んでいて
旧日本陸軍の攻撃記録と、特徴的な2枚プロペラやエンジンから、旧日本陸軍の九八式直接協同偵察機と判明したそうです。

この攻撃は海軍と共同で敢行した「菊水1号作戦」の一環で(注・戦艦大和の出撃も含む)
出撃した九八式直接協同偵察機は、陸軍新田原飛行場(現・航空自衛隊新田原基地)から出撃した陸軍特攻誠第36・37・38飛行隊の26機。
中尉や少尉が指揮官となり、52名の搭乗員とともに出撃したとのこと。

旧日本陸軍の九八式直接協同偵察機と言うのが、こんな飛行機。
ウィキには「前線の地上部隊と緊密に協同しての偵察や観測および、要請があれば武装の機関銃や爆弾にて、地上攻撃(いわゆる近接航空支援)をも積極的に行う直接協同偵察機」と書いてます。

Tachikawa_Ki-36_98chokkyo.jpg

初飛行が1938(昭和13)年、主脚が翼の下に固定されたこの旧式な航空機。最高速度は約350km/h。
特攻の際には破壊力を持たせるために、500kg爆弾を積んだとか。
遅い飛行機がさらに鈍重になります。

1945年当時、アメリカ海軍の空母に積まれていた主力戦闘機がF6Fヘルキャット。大馬力エンジンを積んだ、高速・高機動の戦闘機。
その速度は610km/hオーバー。

50b735f6cb767.jpg

レーダーで管制された高性能の戦闘機が待ち構えてる空域に、重い爆弾を積んだ低速の旧式機で突入しなければならない
今では考えられない戦法ではないでしょうか。

沈んだエモンズの艦体近くに一緒に沈んでる、特攻機の九八式直接協同偵察機の画像が以下のページにあります。

http://www.cubex.jp/archives/2588

http://www.cubex.jp/archives/2580

特攻と言うと零戦と言うイメージがありませんか?
でも敗色濃厚なところまで追い込まれた日本軍は、こんな旧式で鈍重な航空機まで投入していました。
それは陸軍海軍問わずです。

成功の確率がほとんど無いような、こんな作戦を日本軍はやっていた。
私達は知っておくべきではないでしょうか。

※この記事で使われている画像については、撮影されたと思われる時期から70年以上が経過し著作権が消滅しているので、画像引用元は記してありません。

















posted by てっちゃん at 21:24| Comment(0) | 第2次世界大戦や太平洋戦争のお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドローンだって立派な武器になるんだよねぇ

空撮とか宅配にーなんて話じゃなくて、武器としてのドローンを巡る話を2つ。

1つ目はベラルーシ軍が、ドローンに対戦車ロケットを搭載した実験を行った話。
「航空法で禁止がー」とか言ってる日本の自衛隊、大丈夫なんだろうか







日本の中枢でもある首相官邸にでさえ、やすやすと着陸を許してしまったことがありました
それから法規制は確かに厳しくなりました。

でも実際問題、基地や駐屯地に侵入させて航空機や車両を破壊することを防ぐことができるのだろうか
投網で捕まえるなんて話さえ流れてくるだけに
大いに不安です


2つ目の話は、武器と化したドローンを迎撃するシステムをアメリカ海兵隊が実用化しようとしてるお話し
これは産経新聞の記事

先ごろシリアで、テロ組織ISISが固定翼型のドローンを使ってロシア軍基地を襲撃
機体を破壊したことがありました

この時はロシア軍の基地が目標だったけど、軍事基地だけではなく不特定多数の人が集まる施設が標的にされることもあるでしょう
アメリカ海兵隊が装備しようとしているのは、無人迎撃機を用いたシステムだそうです

産経の記事、以下のリンクをクリックすると別タブで記事が開きます

「空からのテロを防ぐ」ドローン迎撃システム、米海兵隊が実用化


例えば中国は無人機もドローンも、かなり進んでいると聞きます



この動画、1300台以上ものドローンを使っての演出
何機かはコントロール不能に陥って墜落した、なんて話もツィッターではありましたが
それにしても「スゴイ技術」です

このドローンに小さい爆弾搭載して、攻撃をかける
飛行機なんてちょっとした穴が開くだけで、飛べなくなります

毒ガスや生物兵器積んで、テロ攻撃する
不特定多数を攻撃するには、空からの攻撃は効果的だよね

考えられない話じゃないでしょ?

中国がー、と言うわけではなく
テロリストがこう言う技術を持って、攻撃を仕掛けてくる可能性も考えなければならないんじゃないの?と言う話です

ドローンが武器と化してきた今、日本の自衛隊や警察、海上保安庁はどれだけ対処できるんだろう
ちょっと考え込んじゃいました

















posted by てっちゃん at 09:05| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする