2018年05月27日

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(空博)がスゴイことになってる件D十二試艦上戦闘機

十二試艦上戦闘機は零戦の試作段階での名前。試作機に改良を加えたものが1940(昭和15)年に、零戦十一型として制式採用。
初飛行が当時の陸軍各務原飛行場、今の岐阜基地だそうです。

飛燕と同じ展示室内に、日本初の動力飛行を行ったハンスグラーデ単葉機とともに、大空を舞っているがごとく展示されてます

十二試艦上戦闘機 IMG_0041

下から見上げる
模型なんだけど、なんだかホントに空を飛んでるみたい

十二試艦上戦闘機 IMG_2461

2階に上がると、横からも見ることが可能

十二試艦上戦闘機 IMG_2474

十二試艦上戦闘機 IMG_0050

計器盤もあります
※これは発展型の零戦三十二型の計器盤

零戦三十二型甲 計器盤 IMG_2464

この展示室は2階構造
階段を上がるとこんな感じで機体などを見ることができます
この眺めは壮観

飛燕 十二試艦上戦闘機 IMG_2476

2階にはジュースなどの自動販売機と、テーブルなどもあって飲食可能
これは嬉しい

ハンスグラーデ単葉機 IMG_0052

テーブルの上にはこんな模型もあって、これはテンション上がります
心憎い演出ですね

飛燕展示エリア 休憩スペースのテーブル IMG_0045

順番が入れ違っちゃいました。
次回に乞うご期待☆