2018年05月25日

あいち航空ミュージアムがリニューアル⁉

私、あいち航空ミュージアムでボランティアやってますが「そんな話聞いてねぇぞ」
よくよく調べたら、これから事業者を募集する段階でした(笑)
※記事参照元 愛知県航空対策課 「あいち航空ミュージアム リニューアル設計業務」の委託先を募集します。

「リニューアル」・・・どっか建て増しでもするのか?と思って読んでいくと
予算が約520万円。そして
リニューアルとして導入するコンテンツを2案提案する。
※記事引用元 愛知県航空対策課 「あいち航空ミュージアム リニューアル設計業務」の委託先を募集します。
とあります。

愛知県航空対策課のページから一部抜粋します。
※記事引用元 記事参照元と同じ

1 業務の目的
 ・平成29年11月30日に開館したあいち航空ミュージアムについて、ミュージアムの魅力を高め、更なる集客を図るため、リニューアル工事を行うこととしており、その設計を行う。

2 業務内容
 (1) 新たなコンテンツの検討・設計
   リニューアル時に新たに設置するコンテンツについて、検討・設計を行う。
(2) 展示機の入替を想定した館内レイアウトの検討・設計
   将来の展示機体の入替を想定し、来場者動線等に配慮したレイアウトの検討・設計を行う。



・・・読み進んでいくと・・・
1階展示フロアで、飛行機が飛ぶ原理をプロジェクションマッピングで紹介している「飛行の教室」。
このようなデジタルコンテンツを計画しているように見受けられます。

これは憶測ですが・・・(ホントに憶測です)
将来の展示機体の入替を想定し
とあります。

現在あいち航空ミュージアムに展示されている零戦は、あくまでも「期間限定」で三菱から借りているもの。

あいち航空ミュージアム 零戦52型甲 IMG_1600

元々あった三菱重工業小牧南工場の史料室がリニューアルし一時閉館する、と言うことで借り受けて、将来的には三菱に返却しなければなりません。
期間限定と言うのは、オープン当初から大村秀章愛知県知事も明言していること。
零戦を返却し、今使っているスペースを新たなコンテンツの設置場所にするのかなぁとも思われます。

零戦や一緒に展示されていた秋水、屋外に展示されたいたT-2などについては、名古屋市にある三菱の大江工場(通称「時計台」)の方に移転、と言う話も聞こえてきてます。
※大江工場への移転については、あくまでもウワサです。公式発表はありません。

※参考
名古屋航空宇宙システム製作所史料室 2017年5月末以降の史料室運営についてのお知らせ

この秋水も一緒に展示されると良かったんだろうけど、ミュージアムのコンセプトからはちょっと外れるかな?

秋水 IMG_5268

このT-2なんて、試作1号機。しかも愛知で初飛行なんだから、これは展示するべきでしょ

T-2 試作1号機 19-5101 IMG_0946_2

話がそれました(笑)

さて、新たなコンテンツの導入。
それはそれで良い事。

でも、あいち航空ミュージアムとして何をコンセプトするのか、何を来館者に知って欲しいのか
ミュージアムが「このコンセプトで、こう見せたい」とリードしていくことに期待します。

そして
どんなものが出来上がるのか・・・楽しみです。












posted by てっちゃん at 19:40| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする