2018年05月22日

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(空博)がスゴイことになってる件E爆撃機エンジンやその他展示物

飛燕や十二試艦戦が展示されている部屋には、当時の飛行服や図面と言った貴重な品々も。アメリカ軍が零戦を調査したレポートとか、未完の巨人爆撃機キ-91に積まれる計画だった大馬力のエンジンと言う、激レア品まであります。

第2次大戦時の飛行機が好きな方にはたまらんですね(笑)
飛行機に興味が無い方でも、戦争当時の様子を容易に知ることができるようになっている点も素晴らしいのではないでしょうか。

当時の飛行服

展示資料 飛行服 IMG_2467

製図道具

展示資料 設計図面作成用の道具など IMG_2470

落下傘や高度計・・・これは珍しい

展示資料 落下傘 高度計他 IMG_2458

太平洋戦争中、不時着した零戦五十二型をアメリカ側が鹵獲。
本土に送ってダグラス社が詳細に調査したレポートなんだとか
こうやって見ると、ホント「丸裸」にされてますよね

米軍による零戦調査レポート IMG_2455

太平洋戦争中の1943(昭和18)年、旧日本陸軍は四発の大型爆撃機を計画
キ91と呼ばれたその爆撃機は、アメリカのB-29をもしのぐ巨大なものだったとか。
そのキ91に搭載される予定だった、ハ214ルと名付けられたエンジン

三菱ハ42-21ル(ハ214ル)エンジン IMG_2451

三菱ハ42-21ル(ハ214ル)エンジン IMG_2457

こうやって真横から見ると、空冷星型複列 18 気筒と言う構造が実感できますね

三菱ハ42-21ル(ハ214ル)エンジン IMG_2449

ハ140エンジンやハ214ルエンジン、飛燕や十二試艦戦が展示されているこの空間
床はグレーのカーペット、壁から天井が黒という造り。

メタリックな展示物が多いので、この黒い空間だととても見やすいように感じました
こう言う点も見せ方が上手いです。

次回は日本の航空機技術の発展に貢献してきた機体を紹介します。



















安倍総理大臣C-2に乗る

我が国のトップが乗ったから、コールサインは「エアフォース・ワン」?・・・んなワケないか。

古い話で申し訳ないです。
3/24に安倍総理大臣が第403飛行隊のC-2 78-1205号機に乗られた、とのこと
空自公式サイトと、C-2が所属する美保基地の「だいせん」でも取り上げられました。

空自公式サイトでは
3月24日(土)、安倍晋三内閣総理大臣が航空自衛隊のC−2輸送機に初めて搭乗されました。 C−2は、C−1輸送機の後継機として国際平和協力活動の対応など自衛隊の各種任務を、より早くより効率的に遂行するために開発された国産の輸送機で、28年度末に航空自衛隊に納入されました。

これまでのC−1に比べ、様々に近代化された装備を持つとともに、約4倍の航続距離、約3倍の搭載重量によって、より多くの貨物をより遠くへ運ぶことが可能です。

新しい輸送機、C−2の今後の活躍にご期待ください。


と言う記事とともに、以下の画像を紹介しています。

img02.jpg

img01.jpg

※記事及び画像引用元 航空自衛隊公式サイト ニュースリリース 3/27 安倍晋三内閣総理大臣が航空自衛隊のC−2輸送機搭乗

C-2が降り立った羽田空港。
C-2が来ると言うだけでも珍しいのに、首相が乗ってると言うことで大騒ぎになった模様

ツィッターでも画像が上がってます
※引用の許可取っていないので、リンク貼ります

https://twitter.com/rensei0821/status/977524178948517889


輸送機部隊にとって、国のトップである総理大臣が、我が飛行隊の機体に乗ると言うのは特別な事でしょう
C-2 205号機が所属する美保基地で発行している「だいせん」と言う新聞でも取り上げられました

WS000000.JPG

「だいせん」によると、小野寺防衛大臣もC-2に乗ったとか

どんな感想だったか、聞いてみたいですね(笑)





ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 07:25| Comment(0) | 空自 その他輸送機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする