2018年05月14日

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(空博)がスゴイことになってる件B三式戦「飛燕」

子どものころから好きだった飛行機が「零戦」と「疾風」。そしてこの「飛燕」だった私。
まだ完全に復元されていない状態だった収蔵庫での展示の時から、見に行ってました。

陸軍三式戦闘機飛燕 三式戦飛燕二型かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 535

リニューアルオープンでは、組みあがった姿が見れました。
嬉しかったですね。
「何が」と言うわけじゃないけど、とにかく嬉しかった。

零戦のもととなった、十二試艦戦(実物大模型)と

十二試艦上戦闘機 IMG_0044

展示室の天井には、ハンス・グラーデ単葉機(実物大模型)も

三式戦 飛燕 IMG_2435

いろんな角度から見ることができるのが、うれしい

三式戦 飛燕 IMG_0139

IMG_0143

三式戦 飛燕 IMG_2443

三式戦 飛燕 IMG_0142

展示機は2階の休憩スペースからも見ることができます
これポイント高いです(^O^)/

三式戦 飛燕 IMG_0046

三式戦 飛燕 IMG_2477

こうやって見ると、液冷エンジン独特のシャープなフォルムもよくわかります

三式戦 飛燕 IMG_0051

次回は飛燕に搭載されていた液冷エンジンや計器盤などなど
木製の増槽タンクなんてのもありました

これらの写真をアップします。

戦時中、この飛燕にはいろんな塗装が施されていました
グリーンを基調にした迷彩だったり、このシルバーだったり

この岐阜かかみがはら航空宇宙博物館の飛燕については
以下の考え方に基づいて修復した、とのこと

この考え方もしっかりと知っておくと、また新たな発見があるかも

陸軍三式戦闘機飛燕 かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 490

































ニュージーランド空軍司令官が明日15日に来日 美保基地にも行くそうで

C-2を売り込むべく、試乗とかしてもらうのかな?なんて思ったりします。

ニュージーランド空軍は、現在運用しているC-130Hの後継機探しの真っ最中。
しかし地元のニュージーランドでは、同じC-130輸送機の最新型であるC-130Jで決まりでしょ?と言う論調の模様です。

地元メディアのニュージーランド・ヘラルド紙の記事がこちら
残念ながら、我がC-2は存在感がほとんどないですねぇ
※英文ですが自動翻訳で大意はつかめますので、ぜひご一読を
New government will have to make a call on Hercules replacement

明日15日から、ニュージーランド空軍のトニー・デイヴィーズ司令官(少将)が来日。防衛省と共に、美保基地も行かれるようです。
※記事参照元 航空幕僚監部 5/14発表 ニュージーランド空軍司令官の訪日について


我が国の技術が他国の役に立てれば、それはいいことじゃないの?
と言う意味で、私は防衛装備品の海外輸出は賛成です

C-2については搭載量や不整地運用などなど、いろいろと言われてもいます。
そこらへんの論評は、ちゃんとした知識を持った専門家に任せるましょう。

この話が日本とニュージーランド、両国にとって良い話になるきっかけになってくれれば、と思います。

以下の動画は、2017年11月末にニュージーランドへ寄港した際の動画







ラベル:航空自衛隊