2018年05月04日

近場のお出かけに あいち航空ミュージアムはいかがでしょうか

あいち航空ミュージアムでは、ゴールデンウィークにいろんなイベントをやってます。
今日は5/4。ゴールデンウィークも、残るところ後2日。ちょっとした近場のお出かけに、飛行機を見に来てはいかがでしょうか。

イベントや見どころなどを、あいち航空ミュージアムでボランティアスタッフを務めるワタクシが、画像を交えながらご紹介します(^O^)/
参考にしてもらえるように、画像など情報量は多めにしてあります。

@クイズラリー「ミュージアム探検隊」
ゴールデンウィーク期間中のイベントになります。
これは名機百選や展示機エリアと言ったエリアごとに、問題を用意。クリアされた方には、豪華景品を・・・というもの。

未就学の子供さんから小学2年生、3〜4年生、5〜6年生と3段階で問題を用意してあります。
問題の場所については、青いジャンバーを着たボランティアスタッフか、制服を着たアテンダントのお姉さんに聞いてもらえればわかります。
・・・と言うか・・・子供さん達、走って自分たちで探し出しちゃうんですけどね(笑)

A「紙ヒコーキ教室」
次に、こちらもゴールデンウィーク期間のイベント
ミュージアムの鈴木真二館長は、東大大学院で航空工学の教授をされています。と同時に紙ヒコーキ博物館の名誉館長も務める、いわば「紙ヒコーキの神様」。その方が監修し、指導を受けたミュージアムの職員が講師役を務めます。

あいち航空ミュージアム 紙飛行機教室 FCA2DEB4-42E6-47CD-9E0D-77348286F153

時間によっては、元航空自衛隊のテストパイロットが講師の時も。
これもある意味スゴイかも(^O^)/

で、作った後はみんなで飛ばす「大競技会」
私らボランティアスタッフの控室が近くにあるのですが・・・この控室まで、歓声が聞こえてくるくらい「大盛り上がり」

あいち航空ミュージアム 紙飛行機教室 9BEF8268-89C9-4E3E-810D-D72A735F201D

B「整備士」の職業体験
休日などに行っている、職業体験プログラムです。
あいち航空ミュージアムに展示されているMH-2000ヘリコプターの点検から始まり

あいち航空ミュージアム MH-2000 JA21ME IMG_1574_2

YouTubeに動画があったので、お借りしました



実際に工具を使っての本格的なものです。

あいち航空ミュージアム 整備士体験プログラム IMG_0176

動画ありました。
これはYouTubeから



飛行機の整備士がどんな仕事をするのかを体験してもらう、教育プログラムになってます。

Cパイロットの職業体験
こちらは開館日なら毎日やってます。
フライトプランや操縦についてのレクチャーから始まり、機体の外部点検をアテンダントのお姉さんと一緒に行い

あいち航空ミュージアム パイロット職業体験 6FF8B739-4A0B-490E-AF4D-2B53D6BB91BB

実際にフライトまでを体験してもらって、パイロットのお仕事に興味を持ってもらおう、というもの。
シュミレーターだけではゲームになっちゃいます。パイロットと言う仕事に興味を持ってもらい、知ってもらうために50分と言う時間をかけて、すべてを体験してもらってます。

YouTubeの動画をお借りしました



整備士体験とパイロット体験については「完全予約制
事前の予約はできません。来館時にカウンターで申込みをお願いします。体験プログラムについては、入館料のみで大丈夫です。
両方共に人気のプログラムゆえ、早い時間からどんどん埋まっていきます。早めの来館、申込みをおススメします。

D休日限定の機内公開
展示している機体の機内もお見せしています。
いろいろな事情から、時間を限っての公開。お早目にどうぞ♪

明日5/5はYS-11。昭和天皇や、新しいところでは大村愛知県知事も乗ったVIP用の機体。

あいち航空ミュージアム YS-11 52-1152 IMG_0997

随行員ための座席。
「新幹線みたい」なんて言われた方もいましたが、そのとおり。妙に納得(^_^;)

あいち航空ミュージアム YS-11 52-1152 IMG_1925

VIP用シート・・・違います(^_^;)

YS-11 52-1152 機内 IMG_0283

コックピットもすぐそばで見てください

YS-11 52-1152 コックピット IMG_0274

明後日5/6はビジネスジェット機のMU-300。

あいち航空ミュージアム 三菱 MU-300 JA8248 IMG_1893_2

我々一般人では、まず乗ることができない機体。
旅客機のファーストクラスなら、お金さえ出せば乗れます。でも、こういったビジネスジェットとかプライベートジェットと言う飛行機は、大企業の重役とか大金持ちしか、乗る事できませんから。

本革張りのこのシートに座って、ちょっとしたセレブ気分(^^♪

三菱MU-300 JA8248 3FE8A00E-6145-4CEC-8FBC-B440FCE0FE48

コックピットも間近で見てもらえます。

三菱MU-300 JA8248 F6246285-16AF-471D-A98A-C09124F8B348


E屋上展望デッキで飛行機の離着陸を「間近で」見る

あいち航空ミュージアムの屋上展望デッキに上がると
人をダメにするハンモックが、あなたを待ち受けています。今までどれだけの人間が犠牲になったか・・・

あいち航空ミュージアム 屋上展望デッキ ハンモック IMG_1815

これに寝転がってはいけません。寝転がって、青空を見上げたら最後。何とも言えないリラックス感に起き上がりたくなくなりますから(笑)

冗談はさておき
あいち航空ミュージアムの屋上展望デッキからは、飛行機の離着陸を間近で見ることできます。

離陸のため、誘導路を進むFDAの旅客機
見たら、皆さん手を振ってあげてください。パイロットさんも手を振ってくれます。
子供さん、大喜び(^O^)/

FDA JA02FJ ERJ-170 IMG_7051_2

FDA JA09FJ ERJ-175 IMG_1811


離陸していく姿見てると、言いようのない高揚感がありますね

FDA離陸シーン 屋上展望デッキよりIMG_0183

休日なので、向かいの航空自衛隊小牧基地の離着陸は基本的にはありません。
FDAについては、離着陸する時間を表にしてエレベーター付近などに貼りだしてます。
もし見当たらないようでしたら、近くのボランティアスタッフなどに声をかけてください。

特におすすめの時間帯は開館直後の10時台から11時半過ぎ。10分から20分間隔で離着陸あります。
あとは13:05に青森便の出発と花巻便の到着があるので、両方いっぺんに見たいぞ、と言う方はこの時間を狙うといいかも(^^♪

遅延や欠航が出ることがあるので、時刻表とずれることあります。
FDAについては運航情報がほぼリアルタイムでチェックできるページがあるので、そちらが便利です。

FDA運行情報 http://www.fujidream.co.jp/flight_info/から「本日の運航情報」をクリック

名古屋(小牧)発着をクリックで、各空港発着便の運航状況や、どの色の機体が使われるのかがチェックできます。

FDA以外だと、運が良ければ報道のヘリとかも
これ中京テレビのヘリコプター

JA04TV ベル430 IMG_7145_2

これは県営名古屋空港を拠点にしている、名古屋市消防局のヘリコプター

あいち航空ミュージアム 屋上展望デッキから IMG_0290

Fそらとく・・・搭乗券(入場券)でお得

あいち航空ミュージアムは再入場もOKです。
職業体験予約したけど待ち時間が長いなぁ、と言う方は隣のショッピングモール「エアポートウォーク」でお買い物やお食事をしてきてはいかがでしょうか。

出る際には1階出口で、手にスタンプを押してください。
特殊なインクですので、見えません。

ファッションからお食事まで。搭乗券(入場券)を提示していただくと、割引があったりプラス一品などお得な特典あります。
実施店舗や内容、注意点などは以下のページをご確認願います。

エアポートウォーク公式サイト シネトク・そらとく 

それぞれのプログラムやイベントについては、あいち航空ミュージアムの公式サイトにてご確認をお願いします
トップページはこちら(赤い太文字クリックで、トップページが別タブで開きます。そこから、それぞれのページへとお入りください。

https://aichi-mof.com/index.html


Gその他
また小さい子供さんを連れてくるお父さんお母さん、ベビーカーの貸し出しを3台用意してます。入場の際に受付で申し出てください。

ちょっと一休みと言う時は、2階カフェでは県営名古屋空港をながめながら、お茶できます。

あいち航空ミュージアム 2階カフェ IMG_1563

またフロアの各所には、B737で使っていたシートを置いてあります。休憩にどうぞ♪

あいち航空ミュージアム 休憩用いす IMG_1568








































posted by てっちゃん at 19:03| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あいち航空ミュージアムの名機百選 模型がいろいろと楽しい件

子どもさんや「飛行機はよくわらない」と言う方には、「こんな飛行機もあったんだ」と言う視点で見てもらえればいいでしょう。知識なんて要りません。飛行機が好きな私でも知らない飛行機が多いです(笑)

飛行機模型が好きな方には、精巧な作りを見て頂くのと同時に、模型作りへのモチベーションアップにとってもお勧めですよー(^O^)/

また縮尺が1/25で統一されているので、大きさの比較もできます。
零戦やMU-2、MU-300とYS-11は実機もあるので、実物と比べてみるのも面白いですよ☆

明治から大正時代には、こんな飛行機があったとか。
私もあいち航空ミュージアムで、この名機百選を見るまで知らなかった機体ばかり

奥の白い機体は明治末期のプレリオ単葉機、手前が大正末期の10式艦上雷撃機。複葉ではなく三葉の翼

あいち航空ミュージアム 名機百選 10式艦上雷撃機 模型 FAF2E69C-DF9B-43AF-BB00-A0468B2FCAC5

この記事では載せませんが、大正とか昭和初期あたりの飛行機はスタイリングに味があるものばかり

これなんか、「紅の豚」に出て来そうな感じ(笑)
大正末期旧海軍で使われていた、ハンザ式水上偵察機
垂直尾翼が見えませんが、胴体後部下側にあるそうです

名機百選 ハンザ式水上偵察機 模型 IMG_0019

飛行艇と言えば川西二式大艇。その基礎となったのが、昭和初期のこの90式2号飛行艇だそうです
大きさ的には、今のC-1輸送機に似た大きさ
上下2枚の主翼の間に、3つのエンジン。プロペラは木製。スゴイね。

あいち航空ミュージアム 名機百選 90式2号飛行艇 31E3CC5B-570B-4751-B6D1-E1F29C69493B

太平洋戦争時の機体としては、こちらもいっぱいありますが
まずは零式水上観測機。零戦とは姿が全然違いますね

あいち航空ミュージアム 名機百選 零式水上観測機 模型 E5D8AAF5-F63B-47B7-95BD-31577C0A3474

こちらは戦争中期1943年7月から運用された、艦上攻撃機「天山」
実は魚雷が、機体の軸線から外れたところに搭載されてます。機体下に鏡があるので、そういうところまで見ることできます
またエンジン内部の配管まで精巧に再現されてるのも、モデラーさん必見。

名機百選 艦上攻撃機 天山 模型 IMG_0022

二式大艇とそして横には旧陸軍で名戦闘機と言われた、一式戦「隼」
大きさの違いが、ひと目でわかります。実感します。

あいち航空ミュージアム 名機百選 二式大艇 4EF575D5-2110-4218-B685-B3802FB5677D

大きさの違い・・・ではないけど、太平洋戦争末期に活躍した紫電改と、戦後航空自衛隊でパイロットの養成に活躍したT-33練習機。
似たような大きさだったんですね。
紫電改で戦争を戦った人で、戦後T-33に乗って若いパイロットの卵を鍛えた・・・なんて人もいたかも知れません

あいち航空ミュージアム 名機百選 紫電改 T-33 模型 CAB6C45F-D45F-42C1-8D3D-ED8002A09B51

そして戦後、日本を守る自衛隊で活躍した(している)C-1やPS-1、P-2Jと言った機体

あいち航空ミュージアム 名機百選 C-1 PS-1 P-2J 模型 A4EDB204-7CC7-4D59-8293-227835C64BF6

軍用機ばかり上げてきたけど、民間の飛行機だってちゃんとあります。
あちらの人達は「軍用機がー」とか言ってうるさいけどね(笑)

戦前〜戦中、戦後にかけて活躍したダグラスDC-3

あいち航空ミュージアム 名機百選 DC-3輸送機 模型 22FEFB92-9145-4007-8D9E-4E01CF68DA82

もちろんYS-11も
後ろを振り返れば、実物あります(^^♪

あいち航空ミュージアム 名機百選 YS-11 一式陸攻 四式戦疾風 模型 A7CFB91D-CC81-4A6B-9882-C6BC7D08B8B9

B767-300Rも。日本の空で多くの機体が活躍中

あいち航空ミュージアム 名機百選 B767-300 模型 73FFA35B-EF16-448A-A8AF-0399AD0A7205

こんな軽飛行機だってありますよ

あいち航空ミュージアム 名機百選 富士LM・KM 模型 1C66DA77-B2DE-4BBD-986A-2A72815E337A

名機百選ではないですが、このDC-10は作りの細かさに脱帽

あいち航空ミュージアム DC-10 模型 AA3046EF-2024-4C51-A683-A60B4A4566F6

全部をお見せできないのが残念。
でも外観はもちろんコックピットや座席まで、見事に作られてます。
あいち航空ミュージアムに来た際には、こちらもじっくりと見てはいかがでしょうか。







































posted by てっちゃん at 18:15| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あいち航空ミュージアムは「平和の博物館」にもなれると私は思います

あいち航空ミュージアムの零戦展示に反対の方々、二言目には「いわくつき」とか「戦争美化」と言います。じゃあ、平和が何よりも尊いと言うのであれば、この「特攻で多くの若者が死んだ」零戦を平和教育に使おうと言う発想にはなりませんか?

でも「あちらの人たち」は見せないことに執着する。思想統制にも繋がっていくことかと思うんですが、それってあなた達が一番嫌うことなんじゃない?でも、都合の悪いものは見せない。その思考、私にはどうしても理解不能ですわ。

この零戦を目の前にして、特攻という歴史があった、こんな戦争は二度と繰り返してはならないと教えれば、より平和への願いは強くなり、じゃあ平和を守るにはどうしたらいい?と「自ら」考え行動する人間に育つ、私はそう思うんですがね。

皆さんはどう思います?

さて、ツィッターでこんな記事が




私が注目したのは
日米双方の視点での歴史教育に尽力、"平和の博物館"にするための努力を・・・
と言う点。

この館長さん、自らもヘリコプターパイロットとしてベトナム戦争を戦ったと言う人物。
悲惨な戦争を体験した人でしか持てない平和への強い思いや願いを、長い間多くの人に伝えてきた努力が称えられた。これはある意味、当然のことですよね。

この太平洋航空博物館パールハーバー、日米開戦の地となったアメリカ・ハワイのオアフ島にあります。
私は行ったことがありませんが、調べてみると40機以上ある展示機のほとんどが軍用機。
太平洋戦争から朝鮮戦争、ベトナム戦争で使われた軍用機を展示しています。

※展示機のリストはこちら↓ clickすると別タブでページが開きます
太平洋航空博物館パールハーバー 航空機コレクション

太平洋航空博物館パールハーバー 公式サイトはこちら(日本語です)

https://jp.pacificaviationmuseum.org/

ハワイ州観光局が作った動画がありました。F-14とかF-15とか・・・HH-60かな?中にも入れるし。
行きたい(笑)




博物館の公式サイトではこう書かれています
第二次世界大戦時に重要な役割を担った戦闘機や付随する航空機をこの歴史的な格納庫内に於いて保存、復元することにより、太平洋航空博物館パールハーバーは人々に忘れてはならない歴史を伝え、 米国の自由を守り世界平和を実現させるための教育に貢献している。
(中略)航空の歴史を保存し、それを老いにも若きにも伝え教育していくというものである。

※引用元 太平洋航空博物館パールハーバー 公式サイト

その教育の一環として、2018年3月には日本とアメリカの中学生が集い「平和と和解」と言うテーマで学習を行ったとか。
この学習では真珠湾攻撃で沈んだ戦艦「アリゾナ」と、戦争末期に疎開船「対馬丸」を雷撃・撃沈した潜水艦「ボーフィン」も訪れているそうです。

戦艦アリゾナは真珠湾攻撃で1200名近くの人間が死に、その艦体は「今でも」真珠湾の海底に姿を見ることができます。
潜水艦ボーフィンは多くの貨物船や軍艦を沈め、特に有名なのが沖縄から本土へ疎開しようとしていた「対馬丸」。この時だけでも1500人近くが死んでます。対馬丸の他にも沈めた船が10隻以上。そうやって考えると、この潜水艦が「殺した」人の数は何千人、となります。

そうやって多くの人が「殺され」多くの人を「殺した」、その兵器を実際に目の当たりにすることは、平和と言うものを教えるうえでより大事な事なんじゃないかと、私は考えてます。

あいち航空ミュージアムの零戦展示、実際に見た方も多いかと思いますが
こんな展示されてます

あいち航空ミュージアム 零戦52型甲 展示室入口看板 IMG_1690

え?・・・何やこれは?てなもんです
中はこんな感じ

あいち航空ミュージアム 零戦52型甲 IMG_1700_2

機体の周りには、それらしい小道具も。

あいち航空ミュージアム 零戦52型甲 展示室 IMG_1601

何故、こんな「ゆがめられた」展示をされなければならないのか。
思うこと、言いたい事たくさんあります。
でも、あいち航空ミュージアムでボランティアやってる私は、この方針に従わざるを得ない立場。
残念です。
※ひょっとしたら「ブチ切れて」、あちら側への攻撃を始めるかも知れませんがね(笑)

ただ、特攻についても零戦が闘った戦いについても。多くの間違った情報が、世に出回っている現状があります。
それを考えると、ヘンに「戦争がー」と言う展示にするのもマズイなぁ、とも思えるわけで。
難しいですね。


零戦の説明板を、じっと見ていた若いパパさん。奥さんと、産まれたばかりであろう赤ちゃんを連れての来館。
機内公開の時もお会いしましたが、ホントに今風の若者。でも礼儀正しい方でしたね。

あいち航空ミュージアム 零戦 IMG_0182


零戦について知識なんて無くていいです。「カッコいい」まずはそこからでもいいんです。
まずは多くの人に見て欲しい。
そして「平和」について、ちょっとでいいから考えて欲しい。


あいち航空ミュージアムの零戦が、「平和の博物館」の象徴になってくれればと願う私です。




















posted by てっちゃん at 14:09| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする