2018年04月15日

4/14のあいち航空ミュージアム 

昨日は2週間ぶりにボランティア。YS-11の機内公開のお手伝いもさせてもらいました。

お天気はイマイチだったものの、FDAの旅客機が離着陸する様子を見て喜んでいた親子連れの方がいたり、
YSの機内公開では「昔、これに乗ってなぁ」と懐かしんでいた方がいたり。
ボランティアしていて、「あぁ良かったなぁ」と思った一日だったと思ってます。

屋上展望デッキで、離陸するFDAに手を振る方々

あいち航空ミュージアム 屋上展望デッキ IMG_0263

FDAに関しては、県営名古屋空港での離着陸時刻を一覧にして貼りだしてあるのですが
気付かない方もみえるので、私らボランティアの方から声をかけさせてもらってます

あいち航空ミュージアムの良いところのひとつは、こうやって飛行機の離着陸が目の前で見れる事
定期便で飛んでる旅客機なら時間が解るので、私らの方から「もうすぐ飛びますよー」と声をかけようと思ってます(^O^)/

こちらは先月から始まった、整備体験プログラム

あいち航空ミュージアム 職業体験 IMG_0257

休日のみの開催ですが、毎回なかなかの盛況ぶりです。
これをきっかけに、整備と言うお仕事にも興味をもってもらえるといいなぁ、
なんて昔整備員やってたオジサンは思ったりします。

昨日はYS-11の機内公開も。
ホントは常時公開、と言うのがある意味「ミュージアムのあるべき姿」なのかも知れません
しかし「心無い人」の可能性が排除できない以上、保全のためにスタッフを配置し、なおかつスタッフを確保できる日に、と言うことで日時が限られてしまします

出入りの際は、機体左舷後部の非常口から
飛行機って、ホントは前から乗るんですけどね(笑)

YS-11 52-1152 機内 IMG_0191

乗客へのサービスのためのギャレースペース
電子レンジなんて無い時代、スチームであっためるくらいしかできなかったようですね

YS-11 52-1152 機内 IMG_0186

こちらはVIPに随行する方々の席
ホントに、ごくごく普通のしつらえです(笑)

YS-11 52-1152 機内 IMG_0190

VIP用のシート
やっぱりフカフカ、しつらえが違います
この席には、昭和天皇が座られたとか。窓側に陛下、通路側に皇后陛下が・・・と聞いてます

YS-11 52-1152 機内 IMG_0283

今回お昼からの部、私が機内案内を担当しました。
この際、待ち時間が長いと苦情を頂戴しました。

機内公開については5〜7名様を1組として、1組5分くらいの時間を目安としています
しかし質問等があると、お答えする時間だけ長くかかってしまうと言う実情もあります。
また私自身、案内の技術が未熟な部分もあると考えてます。

機内公開は今後定例化していく予定のようなので、待たせないような方策を考えないとダメですね。
できるだけお待たせしないような案内方法を考えていきます。
何卒ご了承願います。

ところで、飛行機は一般的には前の方から乗るし
この機体にもちゃんとタラップが付いてますが・・・

YS-11 52-1152 機内 IMG_0273

実は電源の関係で、一度降ろすと上げることが出来ないとのこと。
家庭用の100vで動く代物ではなく、特殊な電源が要るのでこうやって格納したままにしてます。

ちなみに・・・降ろすとこんな感じ
去年の小牧基地オープンベースにて

YS-11 52-1152 第3輸送航空隊 第403飛行隊所属機 IMG_0881_2jpg

そういうわけで、手動で開閉できる後部の非常口から乗り降りしてもらってる・・・と言うわけでした(^^♪





















posted by てっちゃん at 22:06| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

零戦と特攻について こんな記事を見つけました

あいち航空ミュージアムでの零戦の展示に反対する方々は、「特攻で多くの若者が死んだ、いわくつきの飛行機」と二言目には言います。

でもこの人達、その特攻についてどこまで知っているんだろうか・・・と言うより、ほんのちょっとの「イメージ」だけでモノを言ってるだけで、ほとんど何も知らないんじゃないだろうか。

これから紹介する記事の中で、元特攻隊員だった方がこう言ったそうです
「どうか特攻隊員を憐憫の目で見ないでほしい」と。

零戦=特攻だから見せちゃダメ、と言う人達の中には
特攻隊員は国家の犠牲者、だから可哀想・・・的な考えがあるのかも知れません。

さて

元海軍戦闘機のパイロットで組織する、NPO法人「零戦の会」で会長を務め
特攻に関わった多くの人に取材をした、作家の神立尚紀(こうだちなおき)氏が特攻について記事を書いてます。

特攻に関わった方の声を直接聞き、なおかつ客観的データも示しての記事
また神立氏自身も、ツィッターでこう言われています





ぜひ、ご一読を。
※赤太文字をクリックで、別タブで記事が開きます

日本人なら知っておくべき特攻の真実〜右でもなく、左でもなく… 
当事者の証言とデータから実像に迫る



あいち航空ミュージアムにて
小さな赤ちゃんとママを連れてきたであろう、若いパパさん
零戦の前でじっと説明板を読んでいました

あいち航空ミュージアム 零戦 IMG_0182

特攻そして戦争について、この零戦を通して何か感じてもらえれば
この零戦を見せる、と言うことには大きな意味があったのではないでしょうか









posted by てっちゃん at 19:12| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする