2018年04月15日

4/14のあいち航空ミュージアム 

昨日は2週間ぶりにボランティア。YS-11の機内公開のお手伝いもさせてもらいました。

お天気はイマイチだったものの、FDAの旅客機が離着陸する様子を見て喜んでいた親子連れの方がいたり、
YSの機内公開では「昔、これに乗ってなぁ」と懐かしんでいた方がいたり。
ボランティアしていて、「あぁ良かったなぁ」と思った一日だったと思ってます。

屋上展望デッキで、離陸するFDAに手を振る方々

あいち航空ミュージアム 屋上展望デッキ IMG_0263

FDAに関しては、県営名古屋空港での離着陸時刻を一覧にして貼りだしてあるのですが
気付かない方もみえるので、私らボランティアの方から声をかけさせてもらってます

あいち航空ミュージアムの良いところのひとつは、こうやって飛行機の離着陸が目の前で見れる事
定期便で飛んでる旅客機なら時間が解るので、私らの方から「もうすぐ飛びますよー」と声をかけようと思ってます(^O^)/

こちらは先月から始まった、整備体験プログラム

あいち航空ミュージアム 職業体験 IMG_0257

休日のみの開催ですが、毎回なかなかの盛況ぶりです。
これをきっかけに、整備と言うお仕事にも興味をもってもらえるといいなぁ、
なんて昔整備員やってたオジサンは思ったりします。

昨日はYS-11の機内公開も。
ホントは常時公開、と言うのがある意味「ミュージアムのあるべき姿」なのかも知れません
しかし「心無い人」の可能性が排除できない以上、保全のためにスタッフを配置し、なおかつスタッフを確保できる日に、と言うことで日時が限られてしまします

出入りの際は、機体左舷後部の非常口から
飛行機って、ホントは前から乗るんですけどね(笑)

YS-11 52-1152 機内 IMG_0191

乗客へのサービスのためのギャレースペース
電子レンジなんて無い時代、スチームであっためるくらいしかできなかったようですね

YS-11 52-1152 機内 IMG_0186

こちらはVIPに随行する方々の席
ホントに、ごくごく普通のしつらえです(笑)

YS-11 52-1152 機内 IMG_0190

VIP用のシート
やっぱりフカフカ、しつらえが違います
この席には、昭和天皇が座られたとか。窓側に陛下、通路側に皇后陛下が・・・と聞いてます

YS-11 52-1152 機内 IMG_0283

今回お昼からの部、私が機内案内を担当しました。
この際、待ち時間が長いと苦情を頂戴しました。

機内公開については5〜7名様を1組として、1組5分くらいの時間を目安としています
しかし質問等があると、お答えする時間だけ長くかかってしまうと言う実情もあります。
また私自身、案内の技術が未熟な部分もあると考えてます。

機内公開は今後定例化していく予定のようなので、待たせないような方策を考えないとダメですね。
できるだけお待たせしないような案内方法を考えていきます。
何卒ご了承願います。

ところで、飛行機は一般的には前の方から乗るし
この機体にもちゃんとタラップが付いてますが・・・

YS-11 52-1152 機内 IMG_0273

実は電源の関係で、一度降ろすと上げることが出来ないとのこと。
家庭用の100vで動く代物ではなく、特殊な電源が要るのでこうやって格納したままにしてます。

ちなみに・・・降ろすとこんな感じ
去年の小牧基地オープンベースにて

YS-11 52-1152 第3輸送航空隊 第403飛行隊所属機 IMG_0881_2jpg

そういうわけで、手動で開閉できる後部の非常口から乗り降りしてもらってる・・・と言うわけでした(^^♪





















posted by てっちゃん at 22:06| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

零戦と特攻について こんな記事を見つけました

あいち航空ミュージアムでの零戦の展示に反対する方々は、「特攻で多くの若者が死んだ、いわくつきの飛行機」と二言目には言います。

でもこの人達、その特攻についてどこまで知っているんだろうか・・・と言うより、ほんのちょっとの「イメージ」だけでモノを言ってるだけで、ほとんど何も知らないんじゃないだろうか。

これから紹介する記事の中で、元特攻隊員だった方がこう言ったそうです
「どうか特攻隊員を憐憫の目で見ないでほしい」と。

零戦=特攻だから見せちゃダメ、と言う人達の中には
特攻隊員は国家の犠牲者、だから可哀想・・・的な考えがあるのかも知れません。

さて

元海軍戦闘機のパイロットで組織する、NPO法人「零戦の会」で会長を務め
特攻に関わった多くの人に取材をした、作家の神立尚紀(こうだちなおき)氏が特攻について記事を書いてます。

特攻に関わった方の声を直接聞き、なおかつ客観的データも示しての記事
また神立氏自身も、ツィッターでこう言われています





ぜひ、ご一読を。
※赤太文字をクリックで、別タブで記事が開きます

日本人なら知っておくべき特攻の真実〜右でもなく、左でもなく… 
当事者の証言とデータから実像に迫る



あいち航空ミュージアムにて
小さな赤ちゃんとママを連れてきたであろう、若いパパさん
零戦の前でじっと説明板を読んでいました

あいち航空ミュージアム 零戦 IMG_0182

特攻そして戦争について、この零戦を通して何か感じてもらえれば
この零戦を見せる、と言うことには大きな意味があったのではないでしょうか









posted by てっちゃん at 19:12| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

群馬県桐生市でのブルーインパルスのイベント飛行にも文句をつける人が出てきましたねー

今年8月に群馬県桐生市で行われる「桐生八木節まつり」で、航空自衛隊のブルーインパルスが展示飛行。祭に華を添え、55回目を迎えるこのお祭りの魅力を発信するお手伝いをするそうです。

桐生八木節まつりの飛行については、こちらの桐生市ホームページをご覧ください
http://www.city.kiryu.lg.jp/kankou/event/1013193.html

ところが、同市の共産党市議団が「事故がー」「不安がー」とこの祭りでの飛行中止を市へ申し入れたとか。
地元の桐生タイムスが報じた紙面をツィートしてる方がみえました。




小牧基地航空祭(小牧基地オープンベース)での展示飛行が、航空法違反だーと告発が起き
奈良で行われたイベントの飛行も告発が起きました

今年も各地のイベントや航空祭での展示飛行が予定されている、ブルーインパルス
それを見越しての飛行中止申し入れの動き、これ当分続きそうですね

あちらはあちらで、自分たちの考えを主張しています。
私は私でブルーインパルスが飛ぶ姿を一人でも多くの方に見てもらいたい、と願ってこのブログ書いてます。

あなたもSNSなどで、ブルーを応援する気持ちや考えを発信して欲しい、そう願ってます。
世の中、ブルーインパルス?何それ?て人多いです。
そういう無関心な人も応援につけないと、なかなか理解は進まないのではないでしょうか。


さて…この記事には不思議なことがありまして
紙面はご覧のとおり、共産党がー・・・と書いてあるのですが
ネット版では何も触れられていないのは、何故?

4/10配信 桐生タイムス ブルーインパルス、8月に県内初の飛行決定





ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 20:15| Comment(0) | ブルーインパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

名古屋と岐阜のYS-11を比べてみた

日本の航空機開発において大きな足跡を残した、YS-11。愛知県豊山町の「あいち航空ミュージアム」と、岐阜県各務原市の「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」に展示されてます。

明日4/14、あいち航空ミュージアムでYS-11の機内公開やるので、この2機の客席部分を比較してみました。

まず外観。
こちら岐阜かかみがはら航空宇宙博物館の機体。1995年まで全日空と子会社であるエアーニッポンで活躍していた機体。

DaqJN4JU8AAlKOA.jpg_large

客席部分はこんな感じ

YS-11 機内

座席はこう

YS-11 機内 座席

以前はオープンに機内公開してましたが、今は土日祝に時間を限ってのようです。
リニューアルオープンして1度、3/30に行きましたが公開してませんでした。
この機体も、機会をみてまた撮りに行こうかと思ってます。

こちら、あいち航空ミュージアムの機体。

あいち航空ミュージアム YS-11 52-1152 IMG_1766

ご存知のとおり、去年の5月まで航空自衛隊美保基地第3輸送航空隊で飛んでいた機体。
そして182機作られたYS-11のうち、ただ1機と言う要人輸送用機。

随行員などが座るスペースがこちら、全部で28席
内装の壁紙などは開発当初のものが残っている、貴重なものです。

あいち航空ミュージアム YS-11 52-1152 IMG_1925

そして大きな違いが、まずこのVIPスペース

あいち航空ミュージアム YS-11 52-1152 IMG_1920_2

航法を担当するナビゲーター席があるのも、この機体の特徴です

あいち航空ミュージアム YS-11 52-1152 IMG_1919_2

コクピットはさすがに同じだろ・・・と思ったんだけど
よく見ると、細かい違いがありそうです。
明日観察して来ようと思います。

最大の違いが一つ、あいち航空ミュージアムの元空自機のコクピットの何か所に

「索敵」

と言う文字がある事ですかね(笑)

機内公開は日時を限定して行ってます。
まだ見たことがない、と言う方は明日をお見逃しなく(^O^)/



















posted by てっちゃん at 20:30| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬山城にお花見行ってきました その3 城下町のにぎわい

犬山城の城下町も大賑わい。みなさん、笑顔で歩いていたのが印象的でした(^^♪

犬山市公式キャラクターの「わん丸」くん
一緒に記念撮影しようと、行列ができる人気ぶり

IMG_0202

こちらは犬山城下町イケメン甲冑隊だそうで

犬山城下町イケメン甲冑隊 IMG_0250

そう言えば、甲冑の試着体験もやってましたね

謎の忍者がいたり・・・

IMG_2705

お城のすぐ下にある三光稲荷神社では、着物を着た女の子たちが歩いていました。
華やいだ雰囲気になりますねー。

犬山 三光稲荷神社にて IMG_0245

三光稲荷神社 IMG_0243_2

願いが叶うかどうかわかると言う「おもかる石」

犬山 三光稲荷神社 おもかる石 IMG_0242

不思議な雰囲気・・・三光稲荷神社の鳥居

三光稲荷神社 鳥居 IMG_0241



城下町から眺める犬山城天守閣

城下町から犬山城天守閣を眺める IMG_0248_2

多くの人が、思い思いに歩いてます

犬山城下町のにぎわい IMG_0247_2

この通り・・・B級グルメやらスイーツやらいろんなお店がたくさん
誘惑に負けてしまう私なのでした(笑)

駐車場を開放しての青空市

犬山城下町にて青空市 IMG_0249_2


いい一日を過ごすことが出来ました(^^♪

犬山でのお花見の記事は、これにてお終い☆






















posted by てっちゃん at 18:09| Comment(0) | お出かけなど飛行機とは全く関係ない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする