2018年02月20日

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館で展示される「飛燕」が姿を現しました

来月3月24日にリニューアルオープンする、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館。展示機の目玉の一つである、旧日本陸軍の3式戦「飛燕」。

air_ki61_2.jpg
※画像引用元 https://ww2db.com/image.php?image_id=120

博物館リニューアルのため、分解された状態で収蔵庫で眠っていました。オープンに向け、修復に当たった川崎重工の技術者たちが組立を行い、「雄姿」を現したそうです。
その姿は以下のリンク先でごらんください
※記事参照元 岐阜新聞 2/17 飛燕 輝く銀翼 組み立て作業

収蔵庫での姿 去年撮ってきました

陸軍三式戦闘機飛燕 かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 519

陸軍三式戦闘機飛燕 三式戦飛燕二型かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 535

太平洋戦争真っただ中、1942年から南洋のラバウル方面へ投入されたこの戦闘機
戦局の推移とともに、フィリピンや日本本土で活躍したとのこと

調べてみると時期や展開する地域によって違うようで、塗装が銀色(無塗装かも)だったりグリーンを基調とした迷彩だったりするみたいです

あいち航空ミュージアムの名機百選でも模型がありますが、こちらはグリーンを基調とした塗装

932C1B27-DD0B-4B75-8880-7F34113D3643.jpeg
※管理人撮影

この岐阜かかみがはら航空宇宙博物館の飛燕は、機体保護の観点とオリジナリティを残すと言う理由から、塗装は施さずにジュラルミンそのものの銀色の姿で、私たちの前に姿を見せるそうです。

戦争を体験してきた、貴重な機体。
そして設計者の土井 武夫氏は、戦後YS-11の開発にもあたってます。
戦闘機や爆撃機を作ってきた人が、敗戦後どんな気持ちで旅客機を作ったのかも知りたい。
リニューアルオープンしたら、私も見に行くつもりです。















小牧基地オープンベース 平成27年度 こんな写真撮ってきました UH-60Jによる救難展示

今回の記事は、2016年(平成27年度)のオープンベースより、救難教育隊の救難展示の様子です(^^♪

救難展示の様子 3枚

現場上空に到着したUH-60J 今回は78-4567号機を使用

救難教育隊 UH-60J 78-4567 IMG_3181_2

ロープを使って降下するメディック(救難員)

救難教育隊 UH-60J 78-4567 IMG_3185_2

今回の想定は、負傷者(要救助者)を担架を使って吊り上げるというもの
ホイストを操作する機上整備員との連携が、非常に大切なんだとか
一見何気なくこなしているこの作業も、厳しい訓練の裏打ちがあってこそ・・・のことなんでしょうね

救難教育隊 UH-60J 78-4567 IMG_3194_2

この機上整備員は要救助者をホイストで吊り上げる任務の他に、負傷者がいれば応急処置も行います。
その上各飛行に必要なデータを算出する、フライトエンジニアとしてのお仕事もこなさなければならないとか。
航空救難団のホームページで、インタビュー記事がありました。以下にリンクを貼ります。
隊員の活動 機上整備(UH-60J)

この救難デモの動画がYouTubeにありました
エンジン始動からなので、トータルで約23分。そのうちロープを投下してメディックが降下し始めるシーンは、13分50秒くらいからです

離陸の際には、目の前を通っていくのですが
これがまた大迫力☆




「救難の最期の砦」と言われる救難隊。
災害現場で実際にどんな活動をしているのか、私達が見る事できる。
それが航空祭と言う場だと思います。
皆さん、オープンベースと言う機会にぜひ見に行きませんか?




















posted by てっちゃん at 08:09| Comment(0) | 小牧基地オープンベース 平成27年度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする