2018年02月12日

小牧基地オープンベースでのブルーインパルス告発 これに対する私の考えを少し

1982年の浜松基地航空祭でのブルーインパルス墜落事故を、私は目の前で見ています。空自に新隊員で入り、F-4の火器管制装置の初級課程で、浜松基地にいましたから。

下向き空中開花からの引き起こしが「あきらかに遅い」4番機。消えた機影。そして湧き上がる炎と黒煙。36年も前だけど今でも鮮明に覚えてるし、一生忘れる事はないです。

だから今回の告発、「バカげたこと」とは到底思えない。
だけど、あちら側の言い分を呑むつもりも「毛頭ない」

小牧の空にブルーインパルスが、是が非でも飛んでほしいと願ってます。

@私がブログで、ブルーインパルスについての地元議会のやりとりを調べた理由

2015年に小牧基地でのブルーインパルス展示飛行が再開されるにあたって、地元2市1町(愛知県春日井市、小牧市、豊山町)の首長が、基地司令に対し「展示飛行の中止」を要望しました。
市長や町長が要望を出すくらいの話、当然議会でもそれなりの議論はあったはず・・・と調べてみると、あまり議論された形跡が見当たりません。

もちろん、まだ探したりない部分もあります。
そこらは追々調べていくつもりです。

私のこのブログでは、これまで反対派の言い分ばかり載せてます。
あちらの言い分を聞かなきゃダメでしょ?と言うのと同時に、「ぜひブルーインパルスを小牧基地オープンベースに」と言う積極的に賛成の議員さんがあまり見当たらないことも理由です。

ぜひブルーインパルスを・・・と議会で主張されたのは、小牧市の谷田貝議員ぐらいでしょうか。
この議員さんの発言については、近いうちに取り上げます。

事が自衛隊が関わる事、政治的な要素も多々あります。
議会や首長さんの意向も無視はできないでしょう。
なので、そこも知っておくべきかと思い掘り下げています。

Aブルーには気持ちよく飛んで欲しい、だから個人攻撃や誹謗中傷はやめて欲しい

ブルーインパルスを告発した「ブルーインパルスの飛行をやめさせる会」
この団体には公式ページやSNSはありません。
なので、小牧基地の地元自治体の1つである豊山町の山本亮介議員が広告塔的存在となり、意見を発信しています。

山本議員は自分たちが問題視している飛行として、いくつか証拠動画として上げてます。
これに対する荒らしや誹謗中傷が多いため、ブログでのコメント受付を停止しました。




気に入らないからと言って、誹謗中傷は絶対にダメ。

誹謗中傷なんてして、何か変わりますか?
自分の気が晴れますか?

攻撃すればするほど、相手は自分の身を守るべく防御を固めるし、より攻撃的になります。
そして攻撃して来た相手を、一生恨みます。笑いごとではありません。
その行く末を考えませんか?

これはこうなんじゃないか、と言う指摘大いに結構。
その時には礼儀を持って、相手に敬意を持って接しましょう。

今回の告発で、私から山本議員に「これはどう言う事ですか?」と、いくつか質問をしています。
議員活動など多忙であるはずなのに、その都度丁寧に答えていただいてます。
あちらとは反対の立場にある私のような者にも、です。

何回も言いますが、私は小牧の空にブルーインパルスが飛んで欲しい。
反対派が何を言おうとも、それは変わりません。

小牧基地オープンベースで、ブルーインパルスが飛んで欲しいと願うのであれば
世論を味方につけないとダメです。

今の世の中、SNSと言う便利なツールがあります。
相手を貶すんじゃなく自分の考えや思いを発信して、世の中を味方につけましょうよ。

















posted by てっちゃん at 18:44| Comment(0) | ブルーインパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。