2018年01月12日

あいち航空ミュージアムでMH2000の機内公開行います☆

管理人@あいち航空ミュージアム ボランティアです(^^♪ 三菱重工が機体とエンジンの両方を、自社で開発したMH2000ヘリコプター。この機体の中を公開します。

あいち航空ミュージアム MH-2000 JA21ME IMG_1574_2

このヘリコプターについて、ちょっと説明

初飛行は1996(平成8)年7月。エンジを2基搭載し、旅客も貨物も運べるように開発されたもの。
エンジンと機体ともに三菱が独自で開発した「純国産」ヘリコプターです。
その点では「偉業」だったのですが試験機が2機と量産機2機、計4機で後が続かず。
いつの間にか消えてしまった?のが残念。

ボランティアやってて館内歩いてると「中に乗れる?」と、よく聞かれます。
ホントは常にオープンにして「いつでも誰でも」中に入ることができる、と言うのがベストでしょう。

でも、それやると良からぬ行為をする人が必ず出てきます。絶対にね。
かかみがはら航空宇宙科学博物館のYS-11の機内公開が日時限定になり、V-107バートルは閉鎖。
同じ豊山町内の航空館boonにあるMU-2には、監視カメラが設置されています。
それもこれも「良からぬ人」が理由です。

そう言った理由と機体保護のため、あいち航空ミュージアムでの機内公開は、日時を限定しその上にスタッフをを配置し行う形をとっています。
ご理解をお願いします。

コクピット座れます。写真?もちろんOK。インスタとかツィッターに、バンバンあげてください(^^)
でも、そこらへんの計器類は触らないようにお願いしますね。
スイッチ類、意外と折れやすいですから。

あいち航空ミュージアム MH-2000 IMG_1679

コクピットもコスト低減と機体価格の上昇を抑えるために、あえてアナログにしてるとか
※記事参照元 http://rusmina-2.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/mh-2000-afa7.html

時間等詳細は以下のとおり。



先回行ったYS-11機内公開の時には、30分以上前から行列ができました。
興味のある方は早めに行かれることをお薦めします。

13日14日はともに風もあまり吹かず、穏やかな天気になりそうです。
ヘリコプター見て、屋上展望デッキから飛んでる飛行機見て・・・皆さんのお越しをお待ちしてます(^^♪








posted by てっちゃん at 19:47| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする