2017年07月17日

小牧基地KC-767、イギリスでユーロファイター・タイフーンと初の飛行訓練

RIATのためイギリスに向かった小牧基地第404飛行隊のKC-767。
部隊間交流の一環として、イギリス空軍のユーロファイター・タイフーンと編隊飛行訓練を行いました。
航空自衛隊機がイギリスで、イギリス空軍機と編隊飛行を行うのは「初」とのことだそうです。
※記事参照および画像引用元 英空軍との部隊間交流等の実施について


飛行前のブリーフィング

img01.jpg

KC-767からの訓練風景

img02 (1).jpg

空自KC−767と英空軍タイフーン戦闘機

img03 (1).jpg

飛行後の集合写真

img04 (1).jpg

しかし・・・あちらイギリス空軍側でほとんど報じていられていないのは、ちょっと残念。
イギリス空軍やイギリス国防省のサイトやSNSも探してみたけど、それらしい記事が見当たらなかった。

あったのはRIATでの、このツィートくらい




次期戦闘機は日英共同開発か?なんて話も聞こえてくる昨今、三沢にタイフーンが来た時とはえらい違いだなぁ・・・とも感じます。
この温度差は何なんだろう。







posted by てっちゃん at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小牧基地 空中給油機 KC-767 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小牧基地KC-767、UAEにて部隊間交流を実施

イギリスで開かれるロイヤル・インターナショナル・エアタトゥー(Royal International Air Tattoo:RIAT)に参加すべく飛び立った、小牧基地第404飛行隊のKC-767空中給油機。
途中UAE=アラブ首長国連邦に立ち寄り、UAE空軍部隊と部隊間交流を行ったそうです。
※記事参照・引用および画像引用元 空自公式サイト>ニュースリリース>UAE空軍との部隊間交流等の実施について


以下、公式サイトから文章を引用
>平成29年7月10日(月)、航空自衛隊のKC−767空中給油・輸送機部隊がUAEへ寄航し、UAE空軍部隊との部隊間交流を実施しました。また、空自隊員による和太鼓演舞を披露しました。
本訪問により、UAE空軍との相互理解を促進するとともに、信頼関係を強化することができました。


UAE空軍との交流の様子

img02.jpg

img04.jpg

同行した入間基地太鼓部の皆さんも演舞を披露

img03.jpg

ちなみにUAE空軍は、空中給油機にエアバスA330MRTTを使ってるそうで

United_Arab_Emirates_Airbus_A330_MRTT_taking_off_at_Manchester_Airport.jpg
※画像引用元 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:United_Arab_Emirates_Airbus_A330_MRTT_taking_off_at_Manchester_Airport.jpg

UAEと言えば、日本へ原油を運ぶタンカーが行き交うペルシャ湾の入り口に位置する国。
こういう地道な交流が、何かあった時に助けあうことにもつながりますね(^^♪



posted by てっちゃん at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 小牧基地 空中給油機 KC-767 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする