2017年07月06日

九州北部の大雨災害に、レッドサラマンダーが出動です

記録的・・・と言うより、とんでもない大雨に見舞われた福岡・大分両県。
土砂災害も発生し孤立している方もいることから、全地形対応車レッドサラマンダーが出動です。




この車が配置されているのは、愛知県岡崎市消防本部
地元のCBCテレビ(中部日本放送)も取り上げています



レッドサラマンダー、ここ2,3年は小牧基地オープンベースに参加してくれて、その機動力を見せてくれてます。
今年のオープンベースで撮った写真です

レッドサラマンダー 241562391_org.v1491084125

レッドサラマンダー 241562366_org.v1493082200

人気です(^^♪

レッドサラマンダー IMG_5140_2

スペックはこんな感じ
レッドサラマンダーは東日本大震災の教訓をもとに総務省消防庁が設置したもので、津波被害があった地域でも活動できるように、一般車両では走れない荒れ地や段差、がれきの上に加え、水深1.2mまでは走行できる。
全長8.2m、幅2.2m、高さ2.6m。車両重量約12t。総排気量は7240cc。前部シャシーに4人、後部ユニットに6人が乗れる。最高速度時速50q、最大登坂能力50%、最大乗り越え段差60cm、最大溝乗り越え幅2m、水深1.2mまで走行可能で気温マイナス30度にも耐えうる。
※記事引用元 http://karapaia.com/archives/52209881.html

この車、ちょうどC-130Hに収まるサイズ
オープンベースではC-130Hから降ろしたあとに、ブイブイ走り回ってくれました
動画がありましたので、ご覧くださいませ

撮影者様
>C-130輸送機から出てくる様は、サンダーバード2号のコンテナから発進する救助メカそのものでした。
なんて言ってますが、まさにその通り(^^♪




事が事だけに、岡崎市から小牧基地に来てC-130Hで空輸・・・なんて思っていましたが、陸路現地に向かったようで、こんなツィートが上がっていました




これは広島県広島市から少し西に行った、宮嶋パーキングエリアで撮ったとのこと
岡崎・名古屋両市から消防隊員約30名もともに現地へと向かっているそうです

予定では6日昼過ぎには到着?なんて言っていたそうなので、もう現地に着いてるかもしれません。

今回の大雨災害
場所によっては7月1ヶ月分の1.5倍もの雨が降ったそうです

自衛隊は福岡・大分両県の知事から災害派遣要請を受けて出動
現時点では陸上自衛隊が中心となって活動中です

詳細については↓
九州北部における大雨に伴う人命救助等に係る災害派遣について(13時00分現在)

航空機関係では目達原西部航空方面隊のUH-1やUH-60JA、第4飛行隊のOH-6が出動
テレビではUH-1が被災者を吊り上げて収容する様子も流れていました

被災者を吊り上げるヘリを上から撮るマスコミにはウンザリですが・・・

被害ができるだけ少なく済むことと、一日でも早い復旧を祈るばかりです。



posted by てっちゃん at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする