2017年08月16日

航空自衛隊・秋田救難隊、アメリカ空軍と救難捜索訓練

墜落したF-16のパイロットを回収、輸送する訓練が日米共同で行われました。
Cope Angel 17(コープエンジェル17)と名付けられたこの訓練、8/9に米軍三沢基地周辺で実施。

今回は日本側からは秋田救難隊が参加しましたが、過去には嘉手納基地で那覇救難隊が参加し同様の訓練が行われたそうです。
※記事参照元 http://www.pacaf.af.mil/News/Article-Display/Article/1278284/cope-angel-strengthens-alliances-on-mainland-japan/

以下に訓練の画像を貼ります
※画像はすべてアメリカ空軍・太平洋空軍のサイトから引用

航空自衛隊のUH-60Jが発進準備中
170809-F-MA978-002.jpg

UH-60Jが上空で待機する間、地上で応急処置等々行う空自隊員

170809-F-MZ237-341.jpg

発見したパイロットの状態を調べるメディック

170809-F-MZ237-080.jpg

帰投したUH-60J

170809-F-MA978-102.jpg

回収したパイロットを搬出する日米の隊員

170809-F-FK724-1022.jpg

救急車に乗せるべく指示を出す米軍医療チーム

170809-F-FK724-1028.jpg

搬送中

170809-F-FK724-1088.jpg

最後に
動画ありましたので貼ります










posted by てっちゃん at 17:32| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

航空館boonのお話し その2 中日新聞社ヘリ ヒューズ369HS

航空館boonのお話し2回目、今日は中日新聞社で取材用ヘリとして活躍していたヒューズ369HSをご紹介。
この機体は1985(昭和60)年まで飛んでいたそうです。

まずは、こんなヘリコプターですよー・・・と言う説明板

航空館boon 中日新聞社ヒューズ369HS JA9053説明板 IMG_1069

機体の全景

航空館boon 中日新聞社ヒューズ369HS JA9053 IMG_1067

何となく、陸自のOH-6に似てるかも(^^♪

OH-6D観測ヘリコプター 31306号機 IMG_4687_2

変わって、斜め後ろから

航空館boon 中日新聞社ヒューズ369HS JA9053 IMG_1077

オヤジはこんなところに惹かれます(笑)

航空館boon 中日新聞社ヒューズ369HS JA9053 IMG_1074

テイルローターに萌え(^^♪

航空館boon 中日新聞社ヒューズ369HS JA9053 IMG_1076

屋内と言うこともあって、ピッカピカ
でも、これも職員さん達がキレイにしてくれてるんだろうなぁ

航空館boon 中日新聞社ヒューズ369HS JA9053 IMG_1071

最後、MU-2と並ぶヒューズ369HS

航空館boon 館内 IMG_1109

次回は星型エンジンなど、各種エンジンを取り上げます。










posted by てっちゃん at 16:22| Comment(0) | 航空館boon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

小牧基地の騒音について春日井市議会で質問がありました

夜間飛行訓練について質問があったのですが、騒音問題よりも訓練そのものを止めたいと言う思惑が見え見え。

ウソと誇大な表現でしか、モノを言えないのか
オスプレイ反対の共産党議員もだけど、どうして共産党って、こんなのばかりなんだろうねぇ。

春日井市と言うのは、小牧基地の東隣。基地から見たら、道路1本隔てて・・・くらい近い。
当然、騒音問題には大きく関わってきます。

原田祐治議員が、こんな質問を行いました
(6/28 一般質問)
自衛隊小牧基地で夜間に行われる飛行訓練について、周辺住民からうるさいと言う声を聞く。
飛行の状況を調査した結果、18:00から20:00までの2時間で43回の離着陸等が確認された。
@訓練予定の事前公表を基地に求める考えはないか
A夜間訓練の自粛を求める考えについて
B自衛隊機の飛行は20:00までとすることを求める考えはないか
それぞれ問う。


この質問に対し市の環境政策課は以下のように答弁
@夜間飛行訓練の予定については、緊急時対応もあり、訓練予定の変更が多々あることから、事前に公表する考えはないと聞いています。
AB夜間飛行訓練は、パイロットが夜間においての操縦能力を維持し、安全に飛行、離着陸するために必要な訓練と聞いており、市は夜間飛行訓練の自粛、20:00までとすることを要請する考えはありません。

※以上 記事引用元 春日井市議会たより第95号

まぁこんなもんでしょ・・・と言う答弁。
@夜間訓練の公表について、私は何日の何時から何時の予定で飛びますよ〜・・・くらいはあってもいいかなとは思います。でも決めるのは基地ですから。
AB災害にしたって、夜に起こることだってある訳で。訓練してないから夜は飛べません、なんて話にはならないでしょう。いざ災害が起きると「早く飛べー、もっと飛べー」て言う癖にね。

春日井市は私の住む町。でも私の家から小牧基地は遠いので、上空を時折飛ぶ飛行機の音がするくらいで「騒音」ほどはうるさくありません。
自分としては「騒音」はそれほど・・・あまり実感がない、と言うのが正直なところ。

でも自分自身、若い頃千歳基地で毎日爆音を聞いてた身。F-104のスクランブル発進なんて、スゴイの一言。
周辺に住む人には大問題だよなぁ、議会でもとりあげられているんだ・・・と感じて、いろいろ調べてみました。

原田議員は質問にあたって飛行回数や騒音値も取ったそうで、その内容をご自身のブログで取り上げています

日本共産党春日井市議会議員 原田ゆうじ 2017-07-14 自衛隊の夜間訓練

ブログ中で出てくる、騒音値を測った花長公園(はなおさこうえん)はここ
空港滑走路南端から約1km。空港へのアプローチルートの真下にあたります。
工場や住宅が混在する地域。人工密集度も高め。



ブログの内容が、なんとも・・・パヨクが展開する「オスプレイ反対」と同じ
これ、おかしいんじゃないの?と思った点を3つ上げていきます

@離着陸は軍事優先?
この日はC-130やKC-767がタッチ・アンド・ゴーを実施
おりしも離陸しようとしていたFDA機が待機・・・なんてシーンもあったそうで

それを
軍事優先と言う印象を受けました
と書いてます。

これ軍事優先でも何でもなく、航空法でちゃんと定められてること
第六章 航空機の運航(第百三十三条―第二百九条の四)
(進路権)
第百八十条 〜中略
第百八十三条  着陸のため最終進入の経路にある航空機及び着陸操作を行つている航空機は、飛行中の航空機、地上又は水上において運航中の航空機に対して進路権を有する。

※記事引用元 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S27/S27F03901000056.html#1000000000006000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

つまり
離陸機より着陸機が優先、それがちゃんと「法律で」決まってます
それをご存じない。

ちなみにこのFDA機、その後18:46に離陸・・・と書いてあるので、該当機を調べてみました
数分間待ち・・・この時刻には18:30発高知行き347便がありますが、その機体なら「数分待ち」とはなりません。
なので・・・18:40発の北九州行き407便と推測されます。

ところでみなさん、飛行機の出発時間はどの時点を指すか知ってました?
実は私も知らなかった(笑)
出発時刻は離陸に向けて搭乗口や飛行機のドアが閉まり、実際に飛行機が動き始めた時刻を指しています
※記事引用元 全日空鵜公式サイト ANA Trivia Vol.03 飛行機の出発時刻は何の時刻を指しているか?

だから407便は定刻運航してるわけで、この点からも「軍事優先」なんてものじゃありません。

A8db(デシベル)の差は体感で2倍?
FDA機が平均で約86db、C-130の平均で94db。
約8dbの差、体感的には約2倍だそうです。

この2枚の写真、撮影日は違いますが、空港南端のエアフロントオアシスで撮ったもの
原田議員が測定した花長公園より、滑走路に近い地点・・・と言うかフェンスの向こうは滑走路と言う近い場所。
飛んでくる飛行機に対して、より近い地点です。

エアフロント・オアシスから見た小牧基地

エアフロントオアシスから小牧基地を望む IMG_5362_2

着陸してくるFDA機

FDA ERJ-170 JA02FJ IMG_5356_2

小牧基地所属のC-130J

C-130H #071 IMG_6529_2
C-130H #071 IMG_6529_2 posted by (C)てっちゃん

この写真を撮影していて音を聞いた限り(何回も写真撮りに行きますし)
とてもとても2倍の差があるとは、思えない
2倍の差なんて、到底感じない

憲法9条を守り、小牧基地機能強化に反対します
※記事引用元 http://kasugai.jcpweb.net/profile/000000-000005.html
と言う人には、軍用機の音が「特別」大きく聞こえるらしい


「オスプレイの低周波がー」と言うパヨクと一緒


そういえばこの人、F-35の試験飛行もブログで取り上げてます
家にいても音が聞こえてわかる、なんて書いてるけど
FDAは聞こえないの?ってツッコミたくなる

B最後にもう一点、質問でもブログでも触れていないけど重要な点

夜間飛行をしてるのはFDAも一緒

原田議員が言う18:00以降には、FDA機の離着陸も当然あります。
その数16便(出発便6便と、到着便10便→期間運航1便を除く)

最終便は北九州からの408便が21:40到着だけど
21:00代には到着便が5便、5分から10分おきに降りて来ます

同じ飛行機なのにね
騒音問題がー、と言う割にはここに触れない奇妙さ。
おかしいわ。

離陸待ちを「軍事優先」と言い、8dbの差を「体感的には2倍」と誇大に表現し、民航機の夜間飛行には触れない
その上で夜間飛行訓練の自粛を求める
自衛隊潰し以外の何物でもない

事実を積み重ねての自衛隊反対ならば議論のしようもあるけど、ウソとデマは絶対許せない
私はそう考えてます

さて、以下は参考までに

米軍基地を抱える山口県岩国基地は、地元岩国市とこんな協定を結んでいるそうです




これは北海道苫小牧市が岩国基地を視察した報告書
平成18年と約10年前で、駐留する機数などは増えてるはずですが、協定にそう変更はないと思われます
(最新のものが見つかりませんでした。)
※北海道苫小牧市は千歳基地の南に位置し、アプローチコース上にある都市です

このPDFの全文がこちら。「紳士協定」は2ページ目
山口県岩国基地に関する視察調査結果報告

小牧基地では?と思って調べてみました
小牧市、豊山町、春日井市には、自治体と自衛隊側で協定を結んでると言うのは無いようです
(※現在、調査してます)

非公開にしてるのかも知れませんが、お互い常識的な範囲で、なおかつ何かイレギュラーがあったら報告→協議と言うスタイルとも思えます。

最後に、各機種での騒音値をまとめたPDFファイルを2つ
興味のある方はどうぞ

美保基地でKC-46を導入するにあたり、KC-767で模擬飛行したさいのデータがこちら

  新たな空中給油・輸送機(KC−46A)の美保基地への配備について



入間基地から2qちょっと、狭山ヶ丘中学校で取ったデータがこちら
授業中の飛行機の騒音が、どう影響するか調べたものでしょうか。
小さいのはT-4から大きいのはC-1、そしてCH-47と回転翼機まで取ってます
 
 狭山ヶ丘中学校における航空機騒音測定結果



posted by てっちゃん at 12:13| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

明日は終戦の日、テレビ各局がつくる戦争番組が酷いと話題

マスコミやテレビ側から見ると「視聴者ダマすの、メッチャ簡単やん♡」なんて思われてるんだろうなぁ

お盆になると湧いて出てくる、先の戦争を題材にした番組
ミリタリー超初心者の私でも「酷い違和感」

ツィッターでもいろんなツィートが上がってたので、まとめてみました。
これ、あくまでも私の考えです。
時間があったら考えてみてくださいませ。







※補足 一航艦副官門司親徳氏→神風特別攻撃隊が生まれた当時の第一航空艦隊司令長官大西瀧治郎中将の副官である門司親徳(もじ ちかのり)氏
ツィ主さんのブログ→http://ameblo.jp/zero21nk/entry-11593943099.html










ただ・・・一つが間違いとかウソだったとしても
全てが「事実ではない」ので、そこらへんは注意しないとダメ
日本人、1がダメだと1から100までダメと決めつけること多いですから

インパールの件でも




知識もなく、一部しか知らずに「それが全て」とばかりに報じる。
そんな程度の物を、公共の電波に乗せて世間に発信するなんて・・・と思うけど

でもこれがプロパガンダ・・・何も知らない視聴者をだます目的で作られてると考えれば
ある意味納得できますね

旧陸軍の731部隊の番組も
これ森村誠一氏の「悪魔の飽食」で有名になった部隊の話






















でもね

マスコミ側と言うか、洗脳を仕掛けたい側からすれば
「あいつらダマすのメッチャ簡単やん」と思われている、とも思われているわけで

私ら賢くならないと、世の中ますますおかしくなっちゃうね。





posted by てっちゃん at 14:00| Comment(0) | マスコミの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

航空館boonのお話し その1三菱MU-2

航空自衛隊小牧基地の向かい側、県営名古屋空港から北に行ったところにあるのが「航空館boon(こうくうかんブーン)」。
愛知県豊山町が運営する施設です。。

未来ある子どもたちに空への興味と夢を育むことを目的に
※引用元 豊山町公式サイト
・・・と子供向けをアピールしてますが
なかなかどうして(笑)大人でも楽しめますよ、ここ。

今日から何回かに分けて写真と共にご案内。
なかなか面白いところゆえ、できるだけ写真をお見せしたいと考えてます

展示内容は大きく分けて3つ
メインの展示は三菱MU-2と中日新聞社が使っていたヘリコプターの実機展示。
その他にさまざまなエンジンや計器の展示、珍しいところでは航空機製造や整備に使う工具の展示。
空を飛ぶことについての展示や簡単なフライトシュミレーターもありますよ。

まずは航空館boonの外観

航空館boon全景 IMG_1123

中に入ると、こんな感じ
三菱MU-2の実機がお出迎えしてくれます。

航空館boon 館内 IMG_1184

今日は館内の真ん中に鎮座する、三菱MU-2を取り上げます。

この機体は、MU-2では3号機として1964年に登録されたとか。
※記事参照元 航空歴史館 三菱MU-2研究

昔、空自にいたころの救難捜索機がMU-2
私的にはちょっと懐かしい(^^♪

MU-2 #228
MU-2 #228 posted by (C)てっちゃん

※2005年の浜松基地航空祭にて撮影

真横から見ると・・・なかなか美しいデザインです

航空館boon MU-2 JA8626 IMG_1049

MU-2に限らず、解りやすい説明板が随所に配置してあります

MU-2 JA8626 DSC00930

主脚と主脚周り

MU-2 JA8626 主脚 DSC00924

主脚を格納するところは、こんなふうになってるんだ・・・と、つい覗き見(^^♪

MU-2 JA8626 主脚格納庫 DSC00922

エンジンも見ることできます

MU-2 JA8626 エンジン DSC00931

MU-2 JA8626 エンジン DSC00925

機体の中にも入れますよ

MU-2 JA8626 DSC00920

操縦席(コクピット)は着座することはできません
まぁ、保全のことを考えると仕方ないかな?

航空館boon MU-2 JA8626 IMG_1048

でも写真だけはしっかりと撮ってきました(笑)

MU-2 JA8626コクピット DSC00916

MU-2 JA8626コクピット DSC00917


こうやって実機に触れることが出来ることは非常に幸せです(^^♪







posted by てっちゃん at 10:57| Comment(0) | 航空館boon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする