2018年04月24日

あいち航空ミュージアム ゴールデンウィークはイベントがいっぱい(^^♪

今年のゴールデンウィーク、大企業や車関係の会社だと4/28から9連休、なんてところが多いことと思います。しかし5/1、2が出勤と言う会社もあることでしょう。

遠出が難しいなぁ・・・そんな方は、あいち航空ミュージアムにお越しくださいませ(^O^)/

ミュージアムでは大型連休に合わせ、いろんなイベントを企画しました。
大村秀章愛知県知事が4/23月曜日に内容など発表しました。以下、大村知事のツィートを5つ引用します。
















以下の赤太文字をクリックすると、公式サイトのイベントページが別タブで開きます。
イベントの内容、時間などはこのページをご覧ください。

あいち航空ミュージアム ゴールデンウィークのイベント

20180423140241_00001.jpg

パイロットや整備士の体験プログラムや、サイエンスラボと言った予約が必要なプログラムもあります。
ゴールデンウィーク中は混雑が予想されますので、早めの来館をお薦めします。
来館されましたら、窓口にて申し出ていただければ係員が手続きをさせていただきます。


この画像は、航空自衛隊で去年まで飛んでいたYS-11の機内。
昭和天皇が皇后様と小笠原へ行かれたさいに、お二人並んで座られた席
座っていただくことはできませんが、機内とコックピットを見ていただけます(^O^)/

YS-11 52-1152 機内 IMG_0283


皆さんのお越しを、スタッフ一同お待ちしています☆


















posted by てっちゃん at 19:18| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ空軍がC-130Jを6機買う計画だとか

ドイツと言えばエアバスのA400M輸送機を保有・運用中。しかも機体の一部も製造してます。
その国が他国製の輸送機を購入。意外だなぁ、と思って取り上げてみました。

しかしドイツは、その能力に大いに不満を持ち、疑問を呈しているようです。
その不満がとうとう他機種の導入、と言う形になったのでしょうか。
それともA400Mには無い何かを、C-130Jに見つけたのでしょうか。

※このA400Mへドイツが感じている不満については、今年3月にやはりロイターが報じたこちらの記事をどうぞ
エアバスの次期軍用輸送機、独軍が要求達成を疑問視

そこで・・・なのかどうかはわかりませんが、ドイツがロッキードマーティンのC-130Jを6機購入する計画が持ち上がってるとのこと。
ロイターが報じてます。

記事はこちら
※以下、青い太文字クリックで該当ページが別タブで開きます。英文ですが、自動翻訳で大意はつかめます。

German defense ministry wants to spend billions on armaments this year: report

このC-130Jと言う輸送機、在日米軍の横田基地にも配備が始まった、新型の輸送機
YouTubeで「こんな輸送機だよー」と言う紹介動画あります。
一度ご覧になってみてください。こちらは日本語でのナレーション付き、とてもわかりやすく紹介されてます。約2分半弱。




さらには開発費も当初見込んだ額を大きくオーバーしているとのこと。
性能、コスト・・・メーカーもユーザーも頭が痛い問題です。














posted by てっちゃん at 07:30| Comment(0) | 世界の軍用機ネタ&動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

4/21のあいち航空ミュージアム MU-300の機内公開やりました

あいち航空ミュージアムでは休日を中心に、展示機の機内公開をやらせていただいてます。
4/21は三菱のMU-300。大企業の重役さん達でしか乗ることができない、ビジネスジェットです。

あいち航空ミュージアム 三菱 MU-300 JA8248 IMG_1837_2

例えば旅客機のファーストクラスなんてのは、チケットさえ取れれば乗る事ができます。
でもこう言うビジネスジェット機は、まず乗ることができません。

日本では数少ないであろう、ビジネスジェット機の機内公開。
貴重な機会です。できるだけ多くの方に見ていただきたいなぁ、と思います。

21日土曜日の午後の風景。

あいち航空ミュージアム MU-300 機内公開 IMG_0287_2

あいち航空ミュージアム MU-300 機内公開 IMG_0289_2

公式サイトやフェイスブックで告知を出してはいるのですが
大体の方が「来たらやってた」(笑)
この辺の広報手段は考えないといけないのかなぁ、なんて思ったりもします。

あとは待ち時間をどう過ごしていただくか。
並んでる時と言うのは、とても退屈なもの。
機外で並んでもらってる時に、何か小ネタでもお話ししてみたらどうだろう・・・個人的には、そんなことも考えてます。


この日はとても良いお天気。
屋上展望デッキでは、多くの方が飛行機の離着陸を楽しんでました。

休日だと自衛隊機は基本的に飛びません。
でもFDAは欠航にならなければ飛ぶし、ヘリコプターや個人所有の軽飛行機などが飛ぶこともあるので
ちょっと屋上展望デッキに上がってみることを、おススメします。

ちょうど名古屋市消防局のヘリが、離陸していきました。

あいち航空ミュージアム 屋上展望デッキから IMG_0290

離着陸が無い時は・・・
ハンモックに寝転んで、青空を見上げてみてはいかがでしょうか。
自分が悩んでることが、実はとってもちっぽけなものなんじゃないか・・・きっと、そう思えるはず(^^♪

あいち航空ミュージアム 屋上展望デッキ ハンモック IMG_1815










posted by てっちゃん at 20:03| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

宮古島沖を通過した中国空母艦隊 「いずも」空母化には騒いだ皆さん、こちらにはダンマリですかね

中国版「空母打撃群」でしょうか。本家アメリカ海軍の空母打撃群と肩を並べるくらいの陣容に見えますね。

空母「遼寧」を中心とする7隻の艦隊が、4/21に宮古島と沖縄本島の間の海域を通過したとのこと。さらには洋上で艦載機の離着艦訓練も行ったとか。
領海侵犯した訳でないですが、何か意図があってこの領土領海の近くを通ったのでしょう。気持ち良いものでは・・・ありませんよね。

問題は、国内の反応。
防衛力強化の一環として、海自のヘリ搭載護衛艦「いずも」をF-35Bが運用出来る「空母」に、と言う話が出た時
「反対だー」とか「専守防衛から逸脱だー」とか、あちら界隈が騒ぐこと騒ぐこと。

でもこの件については、なぜかダンマリ。
何故でしょう(笑)

この空母打撃群の沖縄近海通過についての新聞報道はこちら
産経使います

4/21 産経 中国空母など7隻、沖縄−宮古間を通過

防衛省統合幕僚監部からのプレスリリースへのリンクです
各艦の写真もあります

4/21発表 中国海軍艦艇の動向について

なお、小野寺防衛大臣は特に記者会見はしてません。
コメントも出してません。

さて、この艦隊のついての中国側の報道をシェアしますね
一昔の「大本営発表」・・・みたいで威勢の良い言葉が並んでます。

でも今の中国の勢いみたいなものを見ると
ホントに「実力」を付けて来てるんじゃないか、とも思えます。
バカにしちゃ、泣きをみるかも知れません。

中国網日本語版(チャイナネット)から引用します
このメディアも「?」と言うふうにも言われてますが、中国側がこの打撃群の力に「少しは」自信を持ってると言うのを垣間見る事ができるかと思います。

※以下の記事および画像引用元 http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2018-04/18/content_50906007.htm

海軍空母編隊、実兵対抗で作戦能力向上

海軍の遼寧艦空母編隊は連日にわたり、南中国海で偵察・早期警戒体系の構築、電子対抗、対空作戦、対海作戦、対地攻撃、対潜作戦などの訓練を実施し、強度・高難度の実兵対抗訓練を通して編隊の体系作戦能力を検証し、向上させている。


1122697896_15239725484171n.jpg

1122697896_15239725483711n.jpg

こちら中国国営テレビCCTVでは、ツィッターに動画をアップしてます



この空母打撃群の行動、領海侵犯してるわけじゃない
あまりいい気分はしないけど、公海上であれば別にいいんじゃないの?と私は思ってます。

でもね、最初にも書いたけど
我が国を守るための「空母」には反対だと騒ぐ人達。
太平洋戦争の時のように他国を侵略するんじゃないか、と「その人達」は言います。

では、あちらの空母も「他国を侵略する」為に使われる可能性もあるわけで
しかも日本近海、領海領土のすぐ傍を通ってると言う事は、日本がターゲットにされてる可能性もあるわけです。

少なくとも「否定はできない」ですよね。
もちろん、そう簡単に戦争なんてならないでしょうが、十分脅威になってませんか?

なのにダンマリを決め込んでる。

何でだろうね。













ラベル:中国
posted by てっちゃん at 14:41| Comment(0) | 中国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

アメリカで起きたサウスウエスト航空1380便 B-737旅客機のエンジン事故の画像です

窓が割れて吸い出されそうになった・・・なんて映画のワンシーンかと思っていたけど、ガチでリアルなお話し。
周りの乗客が必死に身体を押さえたとのこと。

日本語記事はこちら
産経新聞 4/18 米航空機でエンジン爆発か 1人死亡、窓割れて吸い出されそうに


1988年に起きたアロハ航空機事故で機体天井から側壁が吹っ飛んだ事故では(そう言えば、この事故もヴァージョンこそ違えB-737でしたね)
乗客はシートベルト着用サイン点灯で締めていて助かりましたが、機内で立っていたチーフパーサーは高度7300mの空へ吸い出されて行方不明になったそうです。

私は航空機事故の専門家ではないので、論評なんて偉そうなことはではできません。
しかし関心を持ってる方も多いようです。
機体そしてエンジンがどんな状態に陥ったか、画像がツィッターで上がっていたので引用しつつ、皆さんにも知ってもらえればと思います。




吸い出されそうになった乗客が座っていたであろう座席周辺の画像
この時の高度は9700m。外は氷点下何十度の世界。
結果的にこの方は大けがのため亡くなられたそうです







着陸した事故機を調べる、アメリカ国家運輸安全委員会の調査官
赤○の部分、ブレードが1枚無くなってます

737_accident.jpg

※画像引用元 https://theaviationist.com/2018/04/19/former-u-s-navy-f-a-18-pilot-hailed-as-hero-in-southwest-737-accident-as-investigation-into-the-cause-continues/


さて、このB-737は日本でも地方都市を中心に多くの機体が就航しています。
そしてこの事故機が搭載していたCFM-56シリーズのエンジン(事故機が搭載していたのはCFM56-7Bと言う型式)は、これまた日本の地方宇港などに多く飛んでいるエアバスA320シリーズにも積まれています。
※調べてみたら、CFM-56と言うエンジンはいくつかヴァージョンがあるそうですね
しかし-7Bはまだ比較的新しいヴァージョンなので、経年変化の金属疲労なのか加工の問題なのか・・・その点も解明が待たれますね。

エンジンが絡む事故なので、エンジンに焦点が当てられて事故原因の究明が始まっています。
日本でも該当する機体が出てくるかもしれないし、飛行停止などの処置が取られるかも知れません。

話変わりますが
事故機の機長は女性、しかも以前は海軍でA-7コルセアからFA-18ホーネットのパイロットを務めていたとか。
死者が出たのは残念ですが、軍歴は関係なしに、素晴らしい対応に称賛の声があがってるそうです。

この事故については以下の記事を参考にしました。
英文ですが、自動翻訳でも大意はつかめます。ぜひ、ご一読を。

THE AVIATIONIST 4/18

Accident Investigation Focuses on CFM56-7B Engine. Navy P-8A Uses Same Engine.


YouTubeでは管制との緊迫した交信なども上がってます
よかったらどうぞ



以前にはエアバスA380のエンジンカウル脱落事故もありました。正直、ちょっと怖い気もします。




















posted by てっちゃん at 21:48| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする